JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナの審査・特典|JALアメックス・プラチナの魅力

手ごろな価格で入会できるプラチナカード

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ ページトップのイメージ画像 スマホ用ページトップのイメージ画像

JALのマイルが貯まりやすく、優待特典も充実のアメックス・プラチナカード

 JALカード プラチナは、JALカードとアメリカン・エキスプレスのライセンスを受けた三菱UFJニコス株式会社と提携して誕生したプラチナカード。
 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円(税抜き))がベースとなっているため、年会費は32,550円と割安に設定されているのが嬉しいですね。
 JALカードのラインアップでは最上位に君臨し、券面デザインは“ブラック”を基調としています。
 JALカードショッピングマイル・プレミアム会員(通常年会費3,000円(税抜き))は、もちろん無料での自動入会となっており、マイルの貯まりやすさと三菱UFJニコスが提供する“プラチナカードらしい”優待特典が多数付帯しています。

取得までの期間

 JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナは、新規に会員を募集しているため、入会の意志があればいつでも申込みが出来ます。

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ券面画像 年会費 本会員 31,000円+税
家族会員 15,500円+税
取得方法 新規申込み
カードブランド アメックスブランドのロゴ
ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン情報と魅力について ≪スマホ用≫キャンペーン情報

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナの審査について

 申し込み資格は「原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」とあります。
 このカードのベースとなっているのは、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円(税抜き))で、申し込み資格はもちろん利用可能枠も50〜500万円と同一の設定。
 最低額の50万円といえば、スタンダードタイプのゴールドカードと変わらず、年収等の属性が低い方に対しては利用可能枠(与信枠)を落とすことでカード発行会社としてもリスクを低減させることができます。
 このため、年収500万円程度以上あるなら申込む価値があると思われます。

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナの主な会員特典

マイル
入会搭乗ボーナス5,000マイルや毎年初回搭乗ボーナス2,000マイルなどのボーナスマイルのほか、ショッピングでは100円=1マイルが貯まります。
プラチナ・コンシェルジュサービス
国内・海外のレストランの予約、海外のミュージカル等のチケット手配、旅行プランの相談などのほか、海外での緊急時のサポートに、専任スタッフが24時間365日応じてくれるコンシェルジュサービスが用意されています。
スーペリア・エキスペリエンス
プラチナカード会員のために、国内・海外の一流ホテル、厳選された上質なダイニングやスパなどで利用できる優待特典が多数用意されています。
プラチナ・グルメセレクション
全国の対象となる高級飲食店のコース料理を、コンシェルジュサービスを利用して2名以上で予約すると1名分が無料になる特典。対象店舗は全国に約190店あり、他社のプラチナカードと比べて多いのが特徴的。
付帯保険・補償
国内・海外旅行傷害保険のほか、「海外航空便遅延お見舞金制度」も付帯しています。
24時間健康・介護相談サービス
専用ダイヤルで、健康や医療、介護に関する相談に専任のスタッフがお応えするサービス。24時間365日応じてくれるのが嬉しいですね。
プライオリティ・パス
世界1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で利用できる特典。本会員はもちろん、家族会員も会員登録できるので、家族で海外へ出かける機会がある方にも大きなメリットがあります。
JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ券面画像 年会費 本会員 31,000円+税
家族会員 15,500円+税
取得方法 新規申込み
カードブランド アメックスブランドのロゴ
MUFGプラチナカードのメリット・特典 ページトップへ
JCBカードのバナー

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典

おすすめ情報