プリファード ホテルズ & リゾーツ メンバーシップ特別優待

あらゆるシーンで、あなたのこだわりに応えてくれるプラチナカード

ダイナースクラブ プレミアムカード トップイメージ スマホ用トップイメージ

“プリファード ホテルズ & リゾーツ”は、世界850以上もの独立系ラグジュアリーホテル、デスティネーションリゾート、高級レジデンスなどが加盟している世界的なホテルグループ。
各加盟ホテルに対して、毎年第三者の専門家が匿名で現地視察を行って評価する、「プリファード・スタンダード・オブ・エクセレンス™」という品質基準を遵守するよう求めていて、ホテルを利用されるお客様の顧客満足度に特に重きをおいています。
このほかにも顧客満足度を計測する主要をグループで確立しており、常にサービスの質の向上に心がけているんですね。

グループへの加盟ホテルの例として国内では、
・グランドニッコー東京 台場
・京王プラザホテル東京
・京王プラザホテル札幌
・京都 東急ホテル
・名古屋 東急ホテル
・ホテルニューオータニ 東京
・ロイヤルパークホテル ザ 汐留
・ロイヤルパークホテル
・ザ・プリンス パークタワー東京
・ホテル ニューグランド
・横浜ロイヤルパークホテル
・ザ・キャピトルホテル 東急

が該当。


プリファード ホテルズ & リゾーツでは、ゲストロイヤリティプログラム「iPrefer(アイ・プリファー)」が用意され、iPreferメンバーは対象ホテルでの宿泊ごとにポイントを獲得できたり、無料インターネットやお部屋のアップグレード等のサービスを受けられます。

このiPreferには、インサイダー(INSIDER)とエリート(ELITE)というステータスがあります。
どちらのステータスかによって優遇内容が異なるのですが、エリートの方が上位ステータス。
インサイダーステータスからエリートステータスにアップグレードするには50,000ポイント、分かり易く言うと、5,000米ドル相当の利用が無いとなりません。

ダイナースクラブ プレミアムカード会員は、その上級ステータスにあたるエリートステータスに入会することができます。

ダイナースクラブ プレミアムカード基本情報

ダイナースクラブ プレミアムカード券面画像 年会費 本会員 143,000円(税込)
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド ダイナースクラブ ロゴ
ダイナースクラブカードについて

ダイナースクラブ プレミアムカードの主な会員特典

コンシェルジュサービス
ダイナースクラブ プレミアム専用デスクを用意し、24時間365日、コンシェルジュサービスを利用することが出来ます。
料亭プラン
通常は一見さんお断りなど、予約が困難と言われる高級料亭を、ダイナースクラブが会員に代わって予約をしてくれるサービス。
ダイナースクラブ プレミアム エグゼクティブダイニング
全国の対象レストランで、所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分のコース料理が無料になるサービス。
メディカル・コンサルテーション
各診療科目(専用分野)における日本の医学界を代表する医師が納得のいく治療方法のご相談や、症状に合った専門医の紹介、セカンドオピニオンの提供も承っています。
コナミスポーツクラブ優待割引
全国のコナミスポーツクラブを優待料金で利用できる特典。大手町・青山・大阪のグランサイズも優待料金で利用可能です。
ポイントプログラム
ダイナースクラブ プレミアムカードのポイントプログラムについて紹介します。
付帯保険・補償
最高1億円まで補償する海外/国内旅行傷害保険やキャンセルプロテクションなど、プレミアムカードらしい充実の補償が付帯しています。
グローバルマイレージ
貯めたポイントを1,000ポイント=1,000マイルに換算し、参加航空会社のマイレージに移行するサービス。移行手数料は無料なのも嬉しい
一休.comプレミアサービス
一休.comプレミアサービスの最上級ステージ「ダイヤモンド会員」のサービスを永続的に利用できます。
プリファード ホテルズ & リゾーツ メンバーシップ特別優待
世界最大のホテルブランド“プリファード ホテルズ & リゾーツ”の“iPrefer (アイ・プリファー)”のエリート(ELITE)ステータスに入会できます。
ゴルフ優待サービス
名門ゴルフ場国内約70コースの予約を承り、さらにプレー代の半額をダイナースクラブが提供。そのほか、ゴルフコンペやプライベートレッスン最大50%割引などの優待もあります。
その他の特典
そのほかにもジェット機チャーターやレストラン特別ご招待など、“プレミアムカード”ならではの質の高い会員特典が多数、付帯されています。
ダイナースクラブ プレミアムカード券面画像 年会費 本会員 143,000円(税込)
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド ダイナースクラブ ロゴ
ダイナースクラブカードについて
執筆者の顔写真

プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典

おすすめ情報