JCB ザ・クラスの審査・優待特典|プラチナカードnavi

これで年会費5万円は絶対に安い!

JCB THE CLASS トップイメージ スマホ用ザ・クラスのトップイメージ

良心的な年会費で人気も高い!?JCB ザ・クラスはコスパに優れる1枚

 プラチナカードの中でも人気の高いカードのひとつ。
 「JCBザ・クラス」というカード名称で、取得するためにはJCBゴールドへ入会し、届いたインビテーションからの申込みとなります。

 年会費は50,000円(税抜き)で、ライバル!?となるVisa、MasterCardブランドの三井住友プラチナカードと同じ。

メンバーズセレクションは2万円以上の価値!?

ただし、年に1度お好きなプレゼントがもらえる「メンバーズセレクション」なるサービスがあり、
・東京ディズニーリゾートギフトカード(1万円分)+パークチケット2枚組(1万4800円相当)セット
・USJスタジオ・パス2枚組(1万5200円相当)+USJオリジナルデザイン JCBプレモカード(1万円分)
・JCBトラベルクーポン(2万5,000円分)
をチョイスすれば実質的な年会費は概ね半額くらい。
2017年度からJCBトラベルクーポンが2万円から2万5千円に変更となりましたが、いい方向へと改善されましたね。

このため、実はそんなに割高な年会費設定ではないのがJCBザ・クラス。
上記以外の厳選ギフトの中でも、キッチン用品や美容家電などで実勢価格2万5千円を超える商品も多く掲載されています。 ※メンバーズセレクションは概ね20,000円前後の商品が多い印象があり、選択した商品によっては実質的な年会費は30,000~35,000円くらいとなります。

宿泊や飲食に関するお得な優待特典も豊富で、年会費以上のパフォーマンスを発揮する、非常にお得なプラチナカードです。

JCB THE CLASS メンバーズセレクション2017の冊子

格安プラチナカードよりコスパに優れる

私自身もザ・クラスの会員ですが、アメックスやダイナースなど他のプラチナより入手難易度が高いものの、最もコスパに優れた、多くの方がお得度を感じられるプラチナカードであると断言できます。

世の中には年会費2万円の格安プラチナカードが存在しますが、私にとってはJCBザ・クラスの方が断然年会費を大きく超えるベネフィットを受けています。

自分自身はインビテーションがなかなか来ず

しかしながら、自分自身の経験上からは、なかなかJCB THE CLASSのインビテーションはもらえませんでした。
プラチナカードの中でもハードルが高く、それゆえに“プレミアム性”の高いカードでもあります。

個人的な経験から言うと、年間150万円程度の利用が3年続いても取得が困難なカードと感じています。



≫≫私も利用しているJCBザ・クラスの魅力について

ザ・クラスの基本情報

ザ・クラス券面画像 年会費 本会員 50,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド JCB
ダイナースクラブカードについて
JCBザ・クラスの現物写真その1
キャンペーン情報(JCB)

取得までの期間

ザ・クラスの前にJCBゴールド ザ・プレミアなるカードが存在

JCBゴールドとJCBザ・クラスの間には、「JCBゴールド ザ・プレミア」と呼ばれるカードが存在します。「JCBゴールド ザ・プレミア」とは、入会して2年連続で100万円以上のカード利用実績があった方にメールで入会への招待状が届くカード。 ゴールドカードの年会費10,000円(税抜き)とは別に、年会費5,000円(税抜き)が発生しますが、年間100万円以上の利用がある方は、次年度年会費が無料となります。
「JCBゴールド ザ・プレミア」の詳細はこちら
つまり、JCBザ・クラスを取得する前に、もう1段階あるワケですね。
とはいえ、「JCBゴールド ザ・プレミア」を持っているということは、もっともJCBザ・クラスに近い存在であり、さらに1年以上の利用実績を積むことでザ・クラスへのインビテーションが届く可能性がでてきます。

概ねJCBゴールド会員から3年程度でインビテーション

計算上、ゴールドカードに入会してから早くて3年ほどとなりますが、「JCBゴールド ザ・プレミア」の集計期間は12月16日〜翌年12月15日となっており、たとえば10月にJCBゴールドへ入会し、12月15日までに100万円以上の利用があれば、その時点で1年目の条件はクリア。さらに翌年も年間100万円の利用実績を積めば「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待が届きます。
なので、入会した月日とカードの利用状況次第では3年経たずにJCBザ・クラスへのインビテーションが届く可能性があります。

地方銀行からJCBザ・クラスのインビテーションが届くことも!?

また、住んでいる地域の地方銀行のクレジットカード(JCBブランド)を持っている場合、銀行からJCBザ・クラスのインビテーションが届くことがあります。
たとえ、持っているクレジットカードがクラシックカードであっても。
これは、銀行本体や銀行のクレジットカード発行部門がJCBグループであることからなんですけれども、実は国内の多くの地銀はJCBと関わっているんです。

しかし、この銀行から届いたインビテーションを通じて申込みをすると、基本的なデザインはプロパーカードのJCBザ・クラスと一緒ですが、カードフェイスには銀行のロゴマーク等が刻印されてます。
これ、実はジェーシービー本社がインビテーションの送付先を選別しているのではなく、ジェーシービーのグループ会社や銀行が選別に関わっているんですね。
私自身、プロパーのJCBザ・クラスを申込む際に直接、会員専用デスクに尋ねた際に頂いた回答です。
プロパーカードのJCBザ・クラスは本社が相応しい会員を選別して、地方銀行とは別に送付していますとも言ってました。

おそらく、銀行への預金金額も見られているように思います。クレジットカード以外にも、うちには銀行の方が会社じゃなく私個人宛に営業に来たりしますし・・。
1,000万以上の預金があればザ・クラスの案内が銀行から届く可能性が高まるかもしれませんね。
あと、会社から振り込まれる給与や役員報酬なんかも参考となるでしょうね。

いずれにしても取得までの道のりは長いですが、その分、所有する喜びも大きく、プラチナカードの中でも人気が非常に高いのが実情です。


ちなみに、JCBオリジナルシリーズの会員であれば、インビテーションを自ら請求してザ・クラスの申込みが可能となった人もいますが、電話をしても最初の一声は「受付けていない」と言われます。
その後、毎月の利用状況や年間の利用金額の実績を伝えたり、銀行からザ・クラスのインビテーションが届いた旨などの伝えれば、【資料請求】として扱いザ・クラスの案内を郵送してくれることがあります。

また、僕の知人には航空系のゴールドカード(国際ブランドはJCB)からザ・クラスへ昇格したケースもありますが、この場合、カード会員履歴が非常に長かったのと常習的に年間利用額が500万円を超えていたことが深く影響していたようです。
ただし、この知人の場合も、電話では案内を送付する話は一切してもらえず、突然届いたのだとか・・・。

いずれにしても、JCBザ・クラスは会員履歴と利用実績をかなり重要視されているように、個人的には感じています。

ページトップへ

ザ・クラスの基本情報

ザ・クラス券面画像 年会費 本会員 50,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド JCB
ダイナースクラブカードについて
web限定のJCBカードデザイン

JCBザ・クラス専用のウェブ画面

ザ・クラスの審査について

JCBザ・クラスの審査の詳細は明らかにされていませんが、以前は以下のような基準がありました。
ちなみに、この時期は現在の招待制とは異なり、誰でも入会申込みを行うことができました。

JCB会員でない方
年齢40歳以上、自家保有で年収1,500万円以上、資本金5,000万円以上の企業に10年以上継続勤務の役員・管理職の方(自営の方は、営業年数10年以上の経営者)

JCB会員の方
年齢40歳以上、年収1,200万円以上で、勤続年数10年以上の役員・管理職の方(自営の方は、営業年数10年以上の経営者)。かつJCB入会歴3年以上、年間100万円以上のショッピング利用実績が2年以上で、JCB会員規約を遵守されている方。


他のカードにも言えますが、現在は年収や年齢、勤続年数は大きく影響しないと思われます。
では、どういった方がJCBザ・クラスのインビテーションを受け取ることが出来るのかというと、実際の保有者の方々の話から、「ゴールドカードを保有して年間100万円以上のカード利用を3年連続で続ける」、これが大きなポイントして考えられそうです。
当然ですが、支払いの遅延が1度もありません。

ただし、私の場合はJCBゴールド時代、毎年、年間150万円以上の利用がありましたが、4年経ってもジェーシービー本社からはインビテーションが届かなかったので、絶対ではありません。
ちなみに、地方銀行からJCB・ザ・クラスのインビテーションが届いたのは、JCBゴールドにアップグレードしてから概ね3年半くらいだったかと思います。

あと、JCBを長く利用しているケースが目立ち、これも大きなウェイトを占めている可能性があります。
また、「年間300万円以上の利用を1年」でインビテーションが届いたケースもあるようで、これに該当しそうな方は、早くにJCBザ・クラスへ入会できるかもしれません。

なお、JCBザ・クラスへの登竜門ともなるJCBゴールドの申込み対象ですが、「原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。」となっており、年収等の具体的な条件は表記されていません。

ページトップへ

JCBザ・クラスの主な会員特典

グルメベネフィット
首都圏を中心とした全国の有名レストランで2名以上で所定のコースメニューを予約すると、1名分のコース料金が無料になる特典です。
ザ・クラス ダイニング
紹介制のお店や人気の高い有名飲食店をコンシェルジュデスクが手配してくれます。
ダイニング30
全国の対象飲食店で30%割引にて飲食をできる優待特典。
東京ディズニーリゾート特別情報
JCBから届いた「招待券」を使用することで、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー内のラウンジでくつろぐことができます。
JCB Lounge 京都
京都駅ビル内に、JCBザ・クラス会員が利用できる「JCB Lounge 京都」を用意。
ゴルフエントリーサービス
国内屈指の名門ゴルフコースを手配してくれます。
大相撲特別観戦
お土産付きの大相撲「溜まり席」を特別に抽選販売しています。
プレミアム・ステイ
国内10地域の厳選されたホテルで、優待特典を受けられる特典です。
コンシェルジュ
国内外で、ホテルや航空券、列車、レンタカーなどの移動交通機関や、レストラン、ゴルフ場、ミュージカル等の手配や予約をしてくれるサービスです。
メンバーズ・セレクション
1年に一度、会員宛てに届いたカタログギフトから、お好きな商品を無料でもらえるサービス。
ポイントプログラム
ザ・クラスのポイントプログラムについて紹介します。
プライオリティ・パス
世界1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で利用できる特典です。
ディズニーリゾートホテルご優待プラン
ディズニーリゾートホテルのスイートルームを会員優待価格で宿泊できる特典です。
コナミスポーツクラブ優待
全国にスポーツクラブを展開するコナミスポーツクラブを法人会員料金で利用可能です。
ページトップへ
ザ・クラス券面画像 年会費 本会員 50,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド JCB
ダイナースクラブカードについて
JCBゴールド新規入会キャンペーン情報

私がJCBザ・クラス会員になって感じていること


JCBゴールド公式サイトイメージ画像

JCB the classは私も愛用している一人。
結論から言って、ザ・クラスのコスパは最高です。
「プラチナカードを1枚に絞れ!」と言われたら、JCBザ・クラスだけ残して他社のプラチナカードを解約するでしょう。

1ランク上のゴールドカードであるJCBゴールド ザ・プレミアにも付帯していますが、ザ・クラスにもダイニング30なる優待サービスがあって、 全国の対象となる飲食店での利用合計金額が3割引きになります。

3割引きって、凄くないですか?

大手クーポンサイトで対象店舗を調べても、こんな割引クーポン発行していません。
最初にこのサービスを利用した時は感動しました。比較的リーズナブルなお店だったんですが、3人で好きなものを飲んで食べて4万円近く注文するもお会計は26,000円くらい。
1回目の利用で既に1万円の優待です。

ダイニング30のイメージ画像

あと、アメックス・プラチナのコンシェルジュを評価する方って少なくないですが、JCBザ・クラスのコンシェルジュも決して悪くないですよ。
調べ物やお店の予約などをお願いしても丁寧に対応してくれます。
『連絡は夜中でも構わないので、今日中に回答をください。』とお願いした時もありましたが、夜の23時に回答の電話が届きました。

アメックスのコンシェルジュ(正しくはセクレタリーと呼びます)は、必要以上に丁寧で気遣いの言葉をプラスαで添えてくれることが多いんですよね。この辺が気に入っていますが、JCBザ・クラスのコンシェルジュが低レベルだなんてことは絶対にないです。

加えて、ダイナース プレミアムカードアメックス・プラチナには無い試みとして、ザ・クラスのコンシェルジュサービスを利用すると、後日、アンケート用紙が送られてくることがあるんですね。コンシェルジュの対応はどうだったか?という内容のアンケート。
これは事前に会員に対してアンケート協力のお願いが伝えられるので、拒否することもできるのですが、僕は毎回快く回答させてもらっています。

こういうお客様の声を聞きながらサービスの向上を目指すのは、企業の姿勢として僕は評価しています。

以前、MUFGプラチナアメックスを発行する三菱UFJニコスがお客様の声を会員サービスにフィードバックさせる努力を常にしている旨の話をしていました。
その後、段階的に優待特典を増やし、MUFGプラチナアメックスはリリースした当時と比べ物にならないくらい会員サービスが拡充されたのですが、日本の企業はこういうきめ細かな対応が得意なのかもしれませんね。

話を戻して、JCBザ・クラスは最初に狙うプラチナカードとしておすすめの1枚です。
アメックスやダイナースの年会費13万円(税別)じゃぁ、毎年継続する自信が無い方もいるでしょう。
JCBザ・クラスなら年会費5万円といっても、メンバーズセレクションも加味して年会費以上の恩恵を受ける公算大ですから、実質的には負担なんか感じない1枚。
アメックス・プラチナやダイナース プレミアムカードと比べても取得までに時間を要するのが難点ですが、狙う価値は絶対にあります。

興味を持ったは、まずはJCBゴールドへの入会からどうぞ。

JCBゴールド券面画像 年会費 本会員 10,000円+税
家族会員 1名様無料、2人目より1名様につき1,000円+税
入会基準 原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
カードブランド JCBブランドのロゴ
JCBカード公式サイト
ページトップへ

ザ・クラスの年会費の元を取る方法は簡単だ


前述のように、JCBザ・クラスの年会費は、優待サービスから考えて非常にリーズナブルな設定です。

ダイニング30だけでも年会費以上の恩恵を受けることも可能ですが、年会費以上の恩恵を受けるべく、その他のお得なサービスを紹介します。
なお、1回の宿泊で年会費を回収できるような有名ホテルのスイート優待宿泊なんかは、ここでの紹介を割愛します。

メンバーズセレクション

JCBザ・クラスですが、ディズニーリゾートが好きな方にお勧めですね。
年に1度メンバーズセレクションといって、好きなものをプレゼントしてもらえるんですが、「東京ディズニーリゾートギフトカード1万円分+パークチケット2枚」ってのがあるんです。
パークチケットは過去に何度か値上がりして、平成28年時点では1デーパスポートが7,400円。
これが2枚分ですから、メンバーズセレクションでこれを選択したら、それだけで24,800円が手に入ることになるんです。
年会費の約半額がバックされる計算ですね。

東京ディズニーリゾートに興味が無いなら、2万5千円分のJCBトラベルクーポンの選択がベストだと思います。
2016年度までは2万円分でしたが、2017年度より2万5千円にアップし、よりお得度が高まりました。

グルメベネフィットで回収

プラチナカードの定番的なグルメ系の優待特典で、所定の飲食店で2名以上で特定のコース料理を予約すると1名分が無料になる特典。
Visaなんかは、東京・大阪の2つのエリア周辺に偏っていますが、JCBは地方都市も含めて全国の主要都市に対象となる飲食店があります。

コース料理の値段ですが、だいたい1名あたり1万円~2万円の間に設定されていることが多く、価格帯から想像できるように対象店舗はいずれもハイレベルなお店。
「そんな高い料理なんか食べないよ~」という方、たとえば1人1万円のコース料理のお店をチョイスしたら2名で1万円。1人あたり5,000円なら決して高くはないでしょう。
年に2回利用したら、2万円の得です。

当たり前ですが、一人2万円のお店を年に2回利用したら4万円のお得。
これだけで年会費のほとんどを回収できます。

プライオリティ・パス

JCBゴールド公式サイトイメージ画像

世界の主要空港にあるラウンジを利用できる会員制プログラム「プライオリティ・パス」。
ゴールドカード以上のカード会員が利用できる日本国内の空港ラウンジって、コーヒーやジュースしかないのが基本ですが、海外の空港ラウンジって食事やアルコールが充実しているケースが多いんですよね。
しかも、ラウンジの中の造りもホテルのような高級感がある。
JCBザ・クラスなら、そんな海外の対象となる空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できます。
通常年会費がUS$399なので、そのときの為替相場によりますが、1米ドル=110円とすると約44,000円。年会費の8割以上回収できます。



上記以外にもザ・クラス会員限定のホテル優待をはじめ様々なサービスが付帯されていますが、ダイニング30、メンバーズセレクション、グルメベネフィット、プライオリティ・パスをうまく使いこなせば、年会費5万円(税別)の回収はあっという間。
コンシェルジュやゴルフ関連のサービス、東京ディズニーリゾート関連の特典なんかを使うなら、非常に付加価値の高いプラチナカードといえます。

年会費2万円のプラチナカードもある中で、個人的にはJCBザ・クラスが最もコスパの高いカードだと思っています。

JCBゴールド新規入会キャンペーン情報

関連ページのご案内




ダイナースクラブカードの会員特典・サービスについて
ページトップへ

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典