プラチナカードの入会審査は厳しい?|プラチナカードnavi

こんな人にメリットをもたらす

ピックアップカード

年会費20,000円(税抜)で特典充実!
コストパフォーマンス激高の1枚。

プラチナカード会員になるための審査

プラチナカードが欲しい!と思っても気になるのが、入会審査。
自分の年齢や年収で、審査を通るのか・・・。

審査のハードルは各プラチナカードで異なりますが、ゴールドカード会員でインビテーションをもらった人が申込みをするのか、新規にプラチナカードへ入会の申込みをするのかでも、大きく異なります。

ゴールドカード会員でインビテーションが届いた方

利用しているカード会社のプラチナカードが、新規の申込みを受付けているか否かに関わらず、ゴールドカード会員であればインビテーションが届くケースがあります。
この場合、届いたインビテーションからの入会申込みをすることで、多くの方がプラチナカードを手にすることができます。

そもそも、カード発行会社では無差別にインビテーションを送付しているワケではなく、各カード発行会社が規定する独自の基準に基づき、一定条件をクリアした方を対象としています。
つまり、「厳選された会員」と見なされているわけです。
年収や勤務先等の情報は、ゴールドカードに入会した際に提出しているため、こういった項目はプラチナカードへのランクアップ時に大きく影響しません。

プラチナカードへの入会のハードルは低いほか、カードによっては初年度年会費を優待割引にて提示してくる会社も存在し、お得な条件で憧れ!?のプラチナカードを手にすることができます。

新規にプラチナカードを申込む方

ゴールドカード会員では無い方が、新規にプラチナカード会員への入会を申込んだ場合は、審査のハードルは厳しいものとなります。
年会費無料のクレジットカードであっても入会を検討中のカード会社のカードを持っているなら、利用実績がプラスに配慮されるケースがありますが、申込もうとしているプラチナカードの発行会社のカードを一枚も持っていないなら、厳格な審査が行われます。

審査に通るための年収は明確に示されていないのが一般的ですが、年収が500万円に満たない方や、年収が高くても他の属性が悪い方(例えば持ち家が無いとか未婚だとか職種が安定性に欠けるとか・・・)の場合は審査に通らないケースもありますので、注意が必要でしょう。


新規入会可能なプラチナカード


ただ、以下のプラチナカードは、比較的審査のハードルが低く設定されており、年収400万円以上なら審査に通るケースも見受けられます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本会員 20,000円+税
家族会員 1名無料、2人目からは3,000円(税抜き)/人
取得方法 新規申込み
カードブランド アメックスブランドのロゴ
プラチナカードの審査について ページトップへ


ダイナースクラブカードの会員特典・サービスについて
≪スマホ用≫おすすめガイド
おすすめのプラチナカードガイド

プラチナカードの基礎知識

JCBカードのバナー

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典

おすすめ情報