ANA JCBカード プレミアムの審査・優待特典|プラチナカードnavi

プラチナカードの種類と取得方法

ANA JCBプラチナのトップメインイメージ

ANA JCBカード プレミアムへ入会するメリット

 ANA JCBカードの最上位の位置づけとなるのが「ANA JCBカード プレミアム」
 年会費はJCBカードの“プラチナ版”となるJCB THE CLASSより2万円高い7万円(税抜き)という設定。

 この年会費設定から、『THE CLASSとANAカードが一体化したカード』を想像される方もいるでしょうが、実際はそうではありません。
 コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスの無料登録などは付帯しているものの、年に1度2万円相当のプレゼントがもらえるメンバーズセレクションや、全国の有名飲食店で1~2万円のコース料理が1名分無料になるグルメベネフィットなどの特典は付帯せず。

 では、ANA JCBカード プレミアムオリジナルの特典は何か?というと、
○毎年のカード継続時にボーナスとして10,000マイル
○ANAグループ便搭乗時に「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×ANAカード種類別積算率(プレミアムカード50%)」のボーナスマイル
○Oki Dokiポイント2倍
○国内空港のANAラウンジを利用可能
という点。

 これらに年会費相当の価値を感じる方に適したカードということになります。


 ちなみにジェーシービーでは2015年にJCBゴールド/プラスANAマイレージクラブを登場させました。
このカードは、JCBゴールドとANAマイレージクラブが一体となったクレジットカードで、年会費は10,000円(税抜き)。
興味のある方は下記ページにて詳細をご覧ください。

JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ

取得までの期間

 ANA JCBカード プレミアムは、新規入会を受付けているクレジットカード。
 入会を希望するなら、新規に申込むことが可能です。

ANA JCBカード プレミアムの基本情報

ANA JCBカード プレミアムの券面画像 年会費 本会員 70,000円+税
家族会員 4,000円+税
取得方法 新規入会
カードブランド JCB

ANA JCBカード プレミアムの審査について

 公式サイトでは、申込み対象に関して以下のように記述しています。

30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
※JCBプラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。

 JCBカードは比較的審査が厳しいため、年収1,000万円以上が概ねの目安ですが、長年JCBカードを利用している方(株式会社ジェーシービーが発行するカード)なら年収800万円程度あれば審査に通る可能性があります。

 

ANA JCBカード プレミアムの主な会員特典

コンシェルジュ
国内外で、ホテルや航空券、列車、レンタカーなどの移動交通機関や、レストラン、ゴルフ場、ミュージカル等の手配や予約をしてくれるサービスです。
フライトマイル・ボーナスマイル
ANAグループ便に搭乗すると通常のフライトマイルに加えて、「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%」のボーナスマイルがもらえます。
空港ラウンジ
国内空港にあるANAラウンジサービスおよびJCBの空港ラウンジサービスを利用可能。JCB空港ラウンジサービスは、同伴者1名も無料で利用できます。
ポイントプログラム
ショッピングでは、JCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」が1,000円=1ポイントに加えて、「ボーナスポイント・優遇ポイント」1ポイントがたまります。
プライオリティ・パス
世界1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で利用できる特典です。
保険
最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険、最高5,000万円まで補償する国内旅行傷害保険など充実の補償内容です。
その他ANAカードの優待サービス
全国のIHG・ANA・ホテルズグループジャパンのホテルに宿泊するとANAカード会員宿泊割引が適用されるなど、ANAカードの各種優待サービスを受けられます。
ANA JCBカード プレミアムの券面画像 年会費 本会員 70,000円+税
家族会員 4,000円+税
取得方法 新規入会
カードブランド JCB
ページトップへ

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典