エポスゴールドカードに入会するならエポスカードから始めるのが得!

プラチナカード会員になるには、まずはゴールドカード会員から

エポスゴールドカード ページトップの画像 スマホ用のページトップの画像
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード スマホ用キャンペーン情報

 エポスプラチナカードのインビテーションをもらうためには、エポスゴールドカード会員であることが条件となります。

 エポスゴールドカードは通常年会費5,000円で、年間利用金額50万円以上だと翌年年会費が無料になります。  しかし、実はエポスカードの一般カードを1年利用すればゴールドカードのインビテーションが届き、インビテーションからゴールドカードへ入会された方は、無条件で永年年会費無料という太っ腹な特典が付帯しています。

 一般カードの年間利用金額も概ね50万円程度とハードルが低く、少しでも安くランクアップを目指すなら

 一般カード→ゴールドカード→プラチナカード

 の順番がおすすめ。

 ちなみに、エポスプラチナカードのインビテーションは、ゴールドカード会員で年間100万円程度以上の利用があれば1年で届く可能性が高く※、“遅すぎる!”ということもないと感じます。
(※届かないケースもあります。)


エポスゴールドカード
エポスゴールドカード券面画像 年会費 本会員 5,000円
※インビテーションからの入会で永年無料
家族会員 無料
申込み基準 18歳以上の方(高校生を除く)
カードブランド VISAブランドのロゴマーク
エポスカード公式サイト

エポスゴールドカードの主な会員特典

ポイントプログラム

 エポスゴールドカードの月間利用合計金額1,000円につき1ポイントがもらえます。
 貯めたポイントは、マルイの店舗や通販サイトにて商品代金に充当して使うのが最も効率が良く、ギフト券に交換するより1.25倍も得をします。
 このため、ファッションに興味がある方に適したゴールドカードと言えます。

 なお、エポスゴールドカードにはボーナスポイントが用意されていて、
年間利用金額50万円以上で、500ポイント(2500円相当)
年間利用金額100万円以上で、2,000ポイント(1万円相当)
がもらえます。
※( )内の金額は、マルイでのショッピングに充当させた場合の金額。

保険・補償

旅行傷害保険

 最高1,000万円まで補償する海外旅行傷害保険が自動付帯しています。
※賠償責任は1事故につき最高2,000万円まで補償

旅行

空港ラウンジ

 利用できる空港ラウンジは、以下の通りとなっています。

成田国際空港第1旅客ターミナル本館5F 第2旅客ターミナル本館4F
羽田空港第1旅客ターミナル1F中央、2F南・北
第2旅客ターミナル2F・3F・4F
大阪国際空港中央ブロック2F モノレール連絡通路出入口横
関西国際空港北ウイング12番ゲート前
北ウイング中間駅そば
南ウイング29番ゲート前
旅客ターミナル3F
新千歳空港ターミナル3F
福岡空港第2ターミナル3F(国内線)
那覇空港旅客ターミナル1F
ハワイ・ホノルル国際空港セントラルコンコース
韓国・仁川国際空港ターミナル4F

海外サポートデスク

 世界38都市の現地デスクで、観光情報、レストラン、ホテル、免税店の案内、パスポートの盗難・紛失時のサポート、レストランやコンサートチケット等の予約・手配などを承っています。

国際線手荷物宅配サービス優待

 海外旅行から帰国した際に、手荷物を2個まで1個につき500円で利用できる優待サービスです。

グルメ・エンターテイメント

レストラン優待

 東京・大阪・神戸の対象レストラン・ダイニングなどの飲食店で、カード会員限定の優待メニューを用意しています。

エポスゴールドカード
エポスゴールドカード券面画像 年会費 本会員 5,000円
※インビテーションからの入会で永年無料
家族会員 無料
申込み基準 18歳以上の方(高校生を除く)
カードブランド VISAブランドのロゴマーク
エポスカード公式サイト
ゴールドカード・ウェブのロゴ
エポスカード ページトップへ

プラチナカードの基礎知識

JCBカードのバナー

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典

おすすめ情報