年会費2万円以上5万円未満のプラチナカードを比較

格安のプラチナカードをお探しなら、このカテゴリから選ぶのがおすすめです。

ピックアップカード

年会費20,000円(税抜)で特典充実!
コストパフォーマンス激高の1枚。

富裕層の間で根強い人気を誇り、
T&E、グルメに強いクレジットカード

ダイナースクラブカードキャンペーン情報

 多くの方が手を出しやすい年会費が、このレンジではないでしょうか?
 「プラチナカードを持ちたいけど、そんなに大きな年会費は支払いたくない。」という方は、「格安」の価格帯である、このページに掲載しているプラチナカードへの入会を検討してみて下さい。

 最安の年会費でプラチナカードを手にするなら、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが優待特典・サービスの充実度と審査のハードルの低さでおすすめです。


年会費20,000円!MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGプラチナカード券面画像

 年会費は20,000円(税抜き)と格安に設定されたMUFGプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。
 三菱UFJニコスが発行する最上級グレードのクレジットカードで、テレビCMなどの宣伝効果もあり、この価格帯では人気No.1を誇ります。

 破格の年会費が話題となり、発行当初から人気を集めましたが、当初は会員特典が“それなり”だったのも事実。
 つまり、「お手頃な年会費」を目的として入会した方がほとんどだったのですが、最近は定期的に三菱UFJニコスが会員向けサービスの拡充を図り、今ではカードの付帯サービスに対する評価が上がっています。
 他の同価格帯のプラチナカードと比較して、非常にコストパフォーマンスに優れた1枚といっていいでしょう。

 国際ブランドはアメックスのみですが、T&E(トラベル&エンターテイメント)に強く、海外でのサービスはトップレベル。
 プライオリティ・パスは、本会員のみならず家族会員の申込みも可能で、他のクレジットカードよりお得!
 もちろん、コンシェルジュサービスも利用可能で、旅先で何をしたいか?というアバウトな希望と概ねの予算などを伝えると旅行プランも提示してくれますし、食事内容の要望等を伝えれば希望に即したレストランを予約・手配してくれます。

 プラチナカードらしい優待特典も豊富で、コンシェルジュデスクを通して高級飲食店のコース料理を2名以上で予約すれば1名分が無料になる「プラチナ・グルメセレクション」は他社より多い全国約190店を用意。
 1人1〜2万円のコース料理なので、これを1〜2回利用すれば、それだけで年会費がペイされます。
 国内外の一流ホテルを特別優待料金で宿泊できたり、ビジネスクラスの航空券を優待料金で購入できるなど、とても2万円程度のプラチナカードとは思えないパフォーマンスを発揮する1枚。

 そのほか、ボーナスポイントが多数用意されており、ポイントの貯まりやすさも大きな魅力です。
 「とりあえず」なんて安易な気持ちで入会したけど、年会費が大きな負担とならないことや特典・サービスが意外と充実しているなどの理由で、長く会員を続けているユーザーも多いプラチナカードです。

MUFGプラチナアメックスのキャンペーン情報
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本会員 20,000円+税
家族会員 1名無料、2人目からは3,000円(税抜き)/人
取得方法 新規申込み
カードブランド アメックスブランドのロゴ

ダイナースクラブカード

 プラチナカードではありませんが、中身は他社のゴールドカードのワンランク上で、年会費は22,000円(税抜き)
 コンシェルジュサービスはありませんが、通常はプラチナカードクラスでないと付帯していない特典が付帯し、T&E(トラベル&エンターテイメント)およびグルメに関する特典の質が高い特徴を持っています。
 たとえば、国内有数のホテル・旅館を優待特典付きで宿泊できる「国内クラブホテルズ・旅の宿」、全国の有名な高級飲食店で所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になる「ダイナースクラブ エグゼクティブ ダイニング」、専用デスクを通して予約することでダイナースクラブカードの提示もサインも不要で食事代の支払いが完了する「サイレンス・スタイル」などなど。
 会員限定のイベントや各種キャンペーンも豊富です。
 会社経営者や医者などはもちろん、芸能人やスポーツ選手の間でも人気で、ステータス性の高さは折り紙つき。
 カードショッピングの利用限度額に一律の制限が無いダイナースクラブカードで、ワンランク上の日常を過ごしてみませんか?

ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン情報と魅力について ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン情報と魅力について
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの券面画像 年会費 本会員 22,000円+税
家族会員 5,000円+税
取得方法 新規入会
カードブランド ダイナースのロゴ

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

 株式会社クレディ・セゾンが発行する最上級のクレジットカードで、年会費は20,000円(税抜き) と格安。
 カード名から分かるように、国際ブランドはアメックスブランドのみの設定。

 ショッピングの利用で貯まるポイントには有効期限がありません。
 国内リゾートホテルのプラチナ会員向け優待プランや  コンシェルジュサービスの迅速さ・丁寧さに定評があり、レストランや宿泊・旅行の相談・予約・手配、欲しい商品の検索・情報提供など、投げかけた依頼に対して「対応が良い」と感じる人が多いようです。

 こちらも、国内外の一流ホテルを割引や客室アップグレード等の優待特典付きで宿泊できたり、コナミスポーツクラブ優待割引などなど、簡単に年会費分の元が取れる特典を多数用意。

 入会はインビテーションからの申込みとなっており、興味のある方は、まずはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードへの申込みを検討して下さい。

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン・アメックス・プラチナカード券面画像 年会費 本会員 20,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド アメックスブランドのロゴ
セゾン プラチナカード 会員特典の詳細

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

 セゾンにはプラチナのビジネスカードも存在します。
 前述の一般のプラチナカードと会員特典がほとんど変わりませんが、引落とし口座を個人名義又は法人名義の口座から選択できる、ビジネスに役立つ特典が用意されているなどの違いがあります。
 さらに、年間200万円以上の利用で、次年度年会費が10,000円(税抜き)に優遇される大きなメリットも。
 ビジネスカードなので、個人事業主や法人代表者のためのクレジットカードですが、実際には一般の方へも発行しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本会員 20,000円+税 
※条件クリアで10,000円(税抜き)に優遇
追加カード 1名につき3,000円(税抜き)で4枚まで追加可能
取得方法 インビテーション
カードブランド アメックスブランドのロゴ
※追加カードは、18歳以上の社員または本会員と生計をともにする
18歳以上の同性の家族が申込み可能です。

エポスプラチナカード

 エポスカードが発行するプラチナカード。
 年会費は20,000円ですが、年間100万円の利用でボーナス4000ポイント(2万円相当分)がもらえるので、実質的に年会費が発生しない会員がほとんど。
 これがエポスプラチナカードの大きなメリットです。
 そのほか、エポスカード会員なので、マルイのネット通販で年4回の会員優待セールがあり、ファッション好きに恩恵が大きいカードと言えそうです。

 インビテーション制を採用していて、
 エポスカード(年会費無料)→ゴールドカード(インビテーションが届いた会員は年会費永久無料)
→プラチナカードという順番を踏んでの入会となります。
 
 国際ブランドはVISAのみの設定で、コンシェルジュやホテル・レストラン・旅行等のVISAが提供する会員向け優待特典を受けることが出来ます。

エポスプラチナカード
エポスプラチナカード券面画像 年会費 本会員 20,000円
家族会員 ― ※家族カードは発行はしていません。
取得方法 インビテーション
カードブランド VISA
エポス プラチナカードの会員特典
キャンペーン情報(JCB) キャンペーン情報(JCB)

レクサスカード

 トヨタファイナンス株式会社が発行するレクサスオーナー限定のプラチナカードで、車のオーナー向けカードということもあり『ガソリン割引サービス』を受けられたり、ロードサービスを付帯。
 年間ご利用金額に応じて「ガソリン割引サービス」の割引率がアップしたり(割引率3%→5%)、商品をプレゼントしてもらえる「レクサスカードご利用感謝サービス」を用意。
 
 国際ブランドはVISAのみの設定で、VISAが提供するホテルや旅館、レストラン等の優待サービスを受けることが出来ます。

 利用できる空港ラウンジは、国内主要空港に加えてハワイ ホノルル国際空港とソウル 仁川国際空港。

レクサスカード
レクサスカード券面画像 年会費 本会員 20,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド VISA
レクサスカード 会員特典・サービス

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

 JALカードとアメリカン・エキスプレスのライセンスを持っている三菱UFJニコスが提携して誕生したJALカードの最上位グレード。
 ページ冒頭に紹介した、MUFGプラチナ・アメックスカードの充実のサービスと、JALのマイルの貯まりやすさが1枚のプラチナカードに凝縮
 年会費はJALを利用される方なら、おすすめ度ナンバーワンの1枚で、年会費の安さも大きな魅力。

JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナ券面画像 年会費 本会員 31,000円+税
家族会員 15,500円+税
取得方法 新規申込み
原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
カードブランド アメックスブランドのロゴ

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

 三井住友トラスト・カード株式会社が発行するプラチナカード。
 年会費は、このページで紹介しているカードの中では高めの35,000円(税抜き)ですが、特典が豊富で、これより高い年会費のプラチナカードと比較しても最もコストパフォーマンスに優れているのでは?と思わせる1枚。

 主な会員特典として、プライオリティ・パスへの無料登録(プレステージ会員)、対象となる高級飲食店で所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分のコース料金が無料になる「SuMi TRUST CLUB ダイニングセレクション」、コナミスポーツクラブでの優待割引特典など、年会費分のもとを簡単に取れる優待特典が豊富。

 さらに、ショッピングの利用で貯まるポイントは、三井住友トラスト・カードが発行する一般カードの4倍に当たる、100円=4ポイント!ポイント還元率に換算すると実に1.5%超と、他社のプラチナカードを大きく凌ぎます。
 さらに、年間の利用合計金額に応じてボーナスポイントももらえます。

 年間200万円以上のカード利用がある方なら、年会費のほとんどを貯めたポイントで回収できます。(ポイントをギフト券に交換すると仮定すると、年間200万円のカード利用で3万円以上のギフト券に交換できます。)
 VISAブランドはクレジットカードの中でも人気ですが、「VISAでホンモノのプラチナカードを安い年会費で!」という方には、このカードの選択がGood!です。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード
SuMi TRUST CLUB プラチナカードの券面画像 年会費 本会員 35,000円+税
家族会員 無料
取得方法 新規申込み
25歳以上の方 その他入会に際して所定の審査
カードブランド VISA

デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード

 デルタ航空と提携したVisaブランドのプラチナカード。
 航空会社と提携したプラチナカードは年会費が高いイメージがありますが、デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカードは非常にリーズナブル。
 デルタ航空のほか、KMLオランダ航空やエールフランス航空などスカイチーム加盟航空会社やスカイマイル提携航空会社のフライトでマイルが貯まり、貯めたマイルには有効期限がありません。

   

デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード
デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカードの券面画像 年会費 本会員 40,000円+税
家族会員 無料
取得方法 新規申込み
入会に際して所定の審査があります
カードブランド VISA
  • 年会費2万円以上5万円未満のプラチナカード
  • 年会費5万円以上10万円未満のプラチナカード
  • 年会費10万円以上のプラチナカード
  • ≪スマホ用≫年会費2万円以上5万円未満のプラチナカード
  • ≪スマホ用≫年会費5万円以上10万円未満のプラチナカード
  • ≪スマホ用≫年会費10万円以上のプラチナカード
年会費20,000円〜50,000円のプラチナカード ページトップへ


≪スマホ用≫おすすめガイド
おすすめのプラチナカードガイド

おすすめ情報

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

限定キャンペーン情報 限定キャンペーン情報

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典