セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのサービスとメリット

年会費の数倍の価値がある超お手頃プラチナカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード メインイメージ スマホ用のセゾンプラチナ・ビジネスアメックス メインイメージ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

株式会社クレディセゾンか発行するプロパーカードのプラチナカードには、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」が存在します。
年会費はどちらも20,000円(税抜き)。
前者はビジネスカードなので、個人事業主や法人代表者を対象としたクレジットカードですが、実際には個人にも発行しています。

入会申込み時には“役職”の記入欄がないばかりか、役員は会社員や公務員と同じ選択肢に含まれています。


セゾンプラチナ・ビジネスの入会申込書のお仕事選択欄

会員特典はほとんど同じ、券面デザインも基本同じですが、それぞれのカードにしか付帯していない特典・サービスがあるのには要注意。

結論から言って、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は以下のような方にメリットをもたらすと考えられます。

○年間200万円以上の利用が見込まれる方。(条件クリアで翌年度の年会費が10,000円(税抜き)と、プラチナカードとしては破格の年会費に優遇される。
○法人代表者または個人事業主で、特典に付帯されているビジネスサービスを利用したい方。
○法人口座を引落とし口座に設定したい方。
○JALのマイルを貯めたい方

年会費が10,000円(税抜き)と、ゴールドカードと変わらないレベルまでに優遇されるプラチナカードは、他社ではありません。
詳細は後述しますが、仮に年間200万円の利用があった場合、JALのマイルが22,500マイル相当貯まります。それでいて、年会費は1万円(税抜き)。
年会費の数倍のメリットを受け取れる、これ以上ないコストパフォーマンスを実感出来ることでしょう。

ここで、参考として、2つのカードの主な違いが分かるよう表にまとめてみました。

項目 セゾンプラチナ・
アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
デザイン セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像
年会費 20,000円+税 20,000円+税
※年間200万円以上の利用で
翌年度は10,000円(税抜き)に優遇
引落し口座 個人名義口座 個人名義口座または法人名義口座
※法人名義口座は本人の
名前が併記されたもの
他方のカードに無いメリット ○家族会員も旅行傷害保険が適用
○海外旅行の際に利用できる手荷物無料宅配サービスが付帯している。
○国内ラグジュアリーホテルにて部屋のアップグレードや朝食無料などの優待が付帯した「プレミアムホテルプリビレッジ」を利用できる。
○事務用品、レンタカー、宅配サービスなど、さまざまな業種の経費の支払いを優待価格で利用できる優待プログラム「ビジネス・アドバンテージ」を利用できる。
○会員専用インターネットサービス「Netアンサー」で、直近3ヵ月分のカード利用明細データをCSVデータでダウンロード可能。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの写真 

取得までの期間

新規申込みを受付けているカードなので、いつでも申込み可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本会員 20,000円+税
追加カード 1名につき3,000円(税抜き)で4枚まで追加可能
取得方法 新規申込み
カードブランド アメックスブランドのロゴ
※追加カードは、18歳以上の社員または本会員と生計をともにする
18歳以上の同性の家族が申込み可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの主な会員特典

カード年会費優遇

カードショッピングの年間利用合計金額が200万円以上の場合、次年度の年会費が10,000円(税抜き)に優遇されます。
追加カードがある場合、本会員と追加カード会員の合算金額が対象となりますが、追加カードの年会費(3,000円(税抜き))は優遇の対象となりませんので注意して下さい。

自己負担金ゼロの動産総合保険

カードで購入した商品が偶発的な事故で破損した場合、および盗難や火災等の被害にあった場合に、購入日または商品を受け取った日から120日以内なら年間上限額300万円まで補償。
他社では自己負担金の規定がありますが、このカードは自己負担金ゼロです。
ただし、1万円未満の損害額は対象外となります。

SAISON MILE CLUB

このカードの大きな特徴として、JALのマイルが貯まりやすいことが挙げられます。
前述のように、年間200万円以上なら翌年の年会費が1万円に優遇されますが、そもそも年間200万円の利用があったと仮定すると、JALのマイルが22500マイル相当貯まる計算。
つまり、他の優待サービスを利用しなくとも、年会費の数倍の恩恵を受けることが可能です。

「SAISON MILE CLUB」は、登録することでショッピングの利用1000円ごとにJALのマイレージバンクのマイルが10マイルが貯まるサービス。
1000円=10マイルは他社のクレジットカードと比較しても良好な移行換算率。
さらに、ショッピング2000円の利用ごとに永久不滅ポイント1ポイントが貯まり、年間200万円の利用があったと仮定すると1000ポイント。
これはJALマイル2500マイル相当となります。

「SAISON MILE CLUB」の登録料は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード会員の場合、無料となっているので、JALをよく利用する方はすぐに登録手続きを済ませましょう。

引落とし口座の選定

カードの引落し口座は、個人名義口座はもちろん法人名義口座を選ぶことも可能です。
ただし、法人名義口座は申込者本人の名前が併記された場合に限られます。

利用明細データ ダウンロードサービス

会員専用のインターネットサービス「Netアンサー」で、直近3ヵ月分のカード利用明細データをCSVデータにてダウンロードすることができます。

ビジネス・アドバンテージ

ビジネスの効率化・経費削減に役立つ優待プログラム。
事務用品やレンタカー、宅配サービスなど、さまざまなカテゴリで業者と料金交渉をすることなく、優待料金でサービスを利用できたり物品を購入できたりします。

その他の会員特典

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの会員特典は、基本的にセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典に準じますので、下記ページを参考にして下さい。
ただし、このページに記載したように、いくつかの特典・サービスは利用できないことに注意願います。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典について

私もセゾンプラチナ・ビジネスの会員

セゾンプラチナ・ビジネスの特徴を一言で表すと、実用性が強いってことでしょうか。

店舗での支払いで困ることはほぼないし、Apple Payも登録可能。西友では2019年内は毎日3%OFF。(特定日は5%OFF)
Hotels.comの国内ホテル割引率はカード業界では最高水準の10%OFFだし、エクスペディアでのホテル予約も8%OFF。(いずれも期間限定)
プライベートも出張も、セゾンプラチナ・ビジネス1枚でかなりお得になります。

そして、何度も言うようにJALのマイルが貯まりやすい。僕はお金を払って航空機に乗るのは年に2~3回くらい。あとは特典航空券を利用するので、このくらいの頻度ならJALカードにこだわる必要もありません。
そもそもJALのCLUB-Aゴールドカードの年会費が16,000円+税だから、セゾンプラチナ・ビジネスのほうが6,000円+税も安い。それでいて、ショッピングマイルはセゾンのほうが貯まります。

年間200万円の利用で、少なくとも年会費の2倍以上のメリットを受けるプラチナカードなんて、他に存在しません。

デメリットは?

家族カードの年会費

プラチナカードと言えども、家族カードは年会費無料が多いのが実情のなか、セゾンプラチナ・ビジネスの追加カードは1枚につき3,000円(税抜き)がかかります。
家族カードの申込み対象は「本会員様と生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の同姓のご家族様」。
前述のように、金額で見えるメリットがあるプラチナカードですが、家族カード1枚増えるたびにコスパは低下していきますので要注意です。

プラチナカードらしい華やかさに欠ける

実用的な優待サービスは素晴らしいのですが、プラチナカードらしい“贅沢”をお得に楽しむような特典に欠けます。

たとえば、2名以上の予約で1名分のコース料理が無料になる特典は、プラチナカードなら無条件で付帯しているものですが、セゾンプラチナ・ビジネスには付帯していません。
さらに、コンラッド東京やザ・リッツ・カールトン東京など、ハイグレードのラグジュアリーホテルでの優待特典は、個人用のセゾンプラチナには付帯していますが、ビジネスには付帯せず。

“華”がないプラチナカード。よく言えば実用性重視で作られたようなカードに感じます。

会員専用サイトでは優待特典が分からない

セゾンカードを持っている方向けの会員専用サイト「Netアンサー」。
通常、他社では会員専用サイトにログインすると利用履歴は保有ポイント数のほか、優待特典やサービスを紹介しているものですが、Netアンサーにはありません。。
これは、アプリも同じ。

会員向けのサービスを知りたければ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの専用ページに飛ばなければなりません。これはログイン不要で会員以外でも見られるページで、カードの申し込みも可能なページ。
 なぜNetアンサーに、このページへのリンクが貼っていないのか、理解できません。

旅行傷害保険の対象は本人会員だけ

海外および国内旅行傷害保険の対象は本人会員のみであり、家族カード会員は補償の対象となっていません。
やはり、このプラチナカードは家族カード不要な方に適しているように感じます。

他にゴールドカードやプラチナカードをお持ちなら、家族旅行の際はそちらで決済をした方が安心と言えるでしょう。

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典