TRUST CLUB ワールドエリートカードの申し込みをする価値はあるの?

年会費143,000円(税込)は高すぎ!?

TRUST CLUB ワールドエリートカード メインイメージ スマホ用のメインイメージ

当サイトは、Internet Explorerでは画像が表示されないように設定しています。
お手数ですが、他のブラウザでご覧いただくようお願いいたします。

年会費143,000円(税込)のマスターカード最高峰クレカの価値

三井住友トラストクラブが発行するクレジットカードの中で、ダイナースクラブ プレミアムカードと並ぶ、高額な年会費設定のプレミアムカードがTRUST CLUB ワールドエリートカード。

年会費は143,000円(税込)。

当サイトで、他のページでも紹介しているように、Mastercardブランドにおいては“プラチナ”が最上級ではなく、“ワールドエリートMastercard”が最もステータスの高い位。
年会費55,000円の三井住友カード プラチナよりも、2ランク上に位置するのが“TRUST CLUB ワールドエリートカード”なんです。

Visaと並ぶ2大ブランドであるMastercardの中の最高峰。
世界的にみてもステータスを証明するような1枚です。

日本国内においては、ワールドエリートMastercardに君臨するのはラグジュアリーカードとTRUST CLUB ワールドエリートカード以外、存在していません。

カードフェイスは黒を基調とした、高級感が漂うシックなデザインなので、おそらく【ブラックカード】と呼ぶ方も現れるでしょうね。
三井住友トラストクラブでは、このワールドエリートカード以外にもMastercardブランドを取り扱っていますが、他のカードはMastercardのロゴが“赤とオレンジの丸”を組み合わせたもの。
それに対し、TRUST CLUB ワールドエリートカードは表面加工の異なるシルバーの“丸”から構成されています。

個人的には、非常にカッコよく感じるデザインです。
皆さんは、どう感じますか?

トラストクラブ ワールドエリートカードの写真その1
マスターカードのヒエラルキー

ダイナースクラブ プレミアムカード会員は無料で持てる

143,000円という高額年会費設定にもかかわらず、このTRUST CLUB ワールドエリートカードはダイナースクラブ プレミアムカード会員なら“コンパニオンカード”として無料で持てる特典が付帯しています。

ダイナースクラブ プレミアムカードとセットで保持した場合、ポイント還元率は低下しますが、後述するTRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯するその他のサービスは全て付帯。

言い方を変えると、143,000円という年会費でTRUST CLUB ワールドエリートカードだけど持つ人と、ダイナースクラブの最高峰カードであるプレミアムカードとの2枚持ちする人の2パターンが混在することになり、前者はなんとなく損した気分に感じるのは僕だけでしょうか?
Mastercardとダイナースの2ブランドの最高峰カードが2枚で143,000円となると、高額ながらもお得感があります。

ダイナースクラブ プレミアムカードは今現在も招待性を貫いていますが、まずはダイナースクラブカード(年会費24,200円(税込))に入会しインビテーションを待つのも一つの方法かと思います。

TRUST CLUB ワールドエリートカードに申し込む価値は?

では、TRUST CLUB ワールドエリートカードに入会する価値はあるのでしょうか?

正直、ダイナースのプレミアムカードと2枚持ちできる事実がある以上、これを上回るメリットはないです。
ダイナースクラブカードは、加盟店数が他のブランドに劣るため、国内・海外問わず利便性が良いとは言えませんが、それでも世界的なホテルグループの上級メンバーシップに無料で登録できるなど、付帯特典が豊富。
グルメ系の優待特典・サービスに関しては、国内カード会社の中では最高レベルですし、TRUST CLUB ワールドエリートカードにはない優待が多く用意されています。

唯一、TRUST CLUB ワールドエリートカードの1枚持ちが上回るのは、ポイント還元率。
TRUST CLUB ワールドエリートカードはポイント還元率が1%~ですが、ダイナースのプレミアムカードの付帯カード(コンパニオンカード)として持った場合は0.3%に激減します。
ただし、ダイナースのプレミアムカードはマイルへの移行換算率が高いので、コンパニオンカードと言えども、たとえばANAのマイレージプログラムへ移行するとした場合、100円=1マイル相当。
こう考えると、決して悪い数字じゃないです。

ラグジュアリーカードの存在

もうひとつ、TRUST CLUB ワールドエリートカードがイマイチに感じるのは、同じワールドエリートMastercardとしてライバルとなるラグジュアリーカードの存在です。

たとえば、ラグジュアリーカードのBLACK CARDですと年会費は110,000円(税込)。

TRUST CLUB ワールドエリートカードより33,000円も安い設定です。

これで、Mastercardが提供するワールドエリートMastercard会員向けの優待特典に加えて、全国のTOHOシネマズで毎月最高2枚まで映画を無料鑑賞できるなど、ラグジュアリーカードが提供する実用性の高い優待特典も多数付帯されています。
しかも、カードの材質はステンレス製なので高級感も最高。
年会費は安くなる上に、サービスも拡充されているとなると、ちょっとTRUST CLUB ワールドエリートカードを推すメリットが乏しすぎます。

結論として、ラグジュアリーカードを申し込むか、ANAのマイルを貯めたいならダイナースクラブカードへ入会してプレミアムカードのインビテーションを待つのが得策かと思います。

TRUST CLUB ワールドエリートカード

TRUST CLUB ワールドエリートカード 年会費 本会員 143,000円(税込)
家族会員 無料
申込み対象 25歳以上
※入会に際して所定の審査があります。
カードブランド MasterCard
三井住友トラストクラブ公式サイト

TRUST CLUB ワールドエリートカードの審査について

申込みの目安は「25歳以上」とだけ公式サイトで記されています。
もちろん、年齢以外にも所定の審査を行って入会の可否を判断されるのですが、一般的にみて後発組のカードは会員数を増加させるため、大きなハードルを設定していないケースが目立ちます。
TRUST CLUB ワールドエリートカードにこれが当てはまるとは断定できませんが、このカードが持つステータス性や会員向けサービスに興味を持ったなら、申込み候補に挙げてもいいでしょう。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの主な会員特典

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典