プライオリティ・パスとは|プラチナ カードの特典

世界主要空港のラウンジを利用できる会員制サービス

プラチナカードの贈り物 スマホ用プラチナカードの贈り物イメージ
プライオリティ・パス会員カード

プライオリティ・パスは、世界140ヶ国、500以上の都市にある1300以上の空港ラウンジを利用できる会員制プログラム。
ほとんどの空港ラウンジには、電話・FAX・インターネット接続環境が整っていて、なかには会議室を備えたラウンジもあります。
プライベートはもちろん、ビジネスで海外出張に行った際に本社とのメールのやりとりやプレゼン資料のチェックなど、利用価値が高いサービス。
ビジネスもエコノミーも、搭乗クラスに関わらずにラウンジを利用できるので、サービスが付帯されているプラチナカードに入会したら、プライオリティ・パスも併せて入会登録を済ませましょう。
無料のソフトドリンク・アルコールやスナック・軽食のサービスもあります。

また、iPhoneやAndroidケータイをお持ちの方ならアプリもあります。
デジタル会員証としてすべてのラウンジで利用可能です。
※デジタル会員証は、お持ちのプライオリティ・パス会員資格の種類によりご利用いただけない場合があります。

バーレーン国際空港 ディルムンラウンジ

※写真:バーレーン国際空港 ディルムンラウンジ

年会費55,000円のプラチナカード比較ページのバナー

年会費10万円以上のプレミアムカード比較ページのバナー

会員は3種類

プライオリティ・パスの会員には3つのランクがあり、利用頻度によって選択することが可能です。

会員の種類 年会費 会員利用料金 同伴者利用料金
スタンダード会員 99米ドル 32米ドル 32米ドル
スタンダード・プラス会員 299米ドル 10回まで無料
その後は32米ドル
32米ドル
プレステージ会員 429米ドル 利用回数に関係なく無料 32米ドル

ラウンジ・オブ・ザ・イヤー

プライオリティ・パスの会員を対象に、2005年以降、毎年、どの空港ラウンジが最も優れていたかをアンケート調査しています。
このため、各ラウンジでは、利用者へのサービス向上に努めています。
ちなみに、2019年最新版の受賞ラウンジは以下の通り。
日本国内の空港ラウンジにもサービスの質の高さを追求してもらいたい想いはありますが、なかなか良い方向へ改善されているとは言い難く。。
下記空港ラウンジと比べると大きな差があるように感じます。

グローバル

○Overall Winner(全ラウンジの最優秀賞):
エクアドル マリスカル・スクレ国際空港:Sala VIP Internacional

アフリカ&中東地域

○Regional Winner(最優秀賞):
アラブ首長国連邦 ドバイ国際空港 Ahlan Lounge at B
○Highly Commended(高評価)賞
アラブ首長国連邦 ドバイ国際空港 Marhaba Lounge

アジア太平洋地域

○Regional Winner(最優秀賞)
タイ スワナプーム国際空港 Miracle First Class Lounge
○Highly Commended(高評価)賞
シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港 SATS Premier Lounge

ヨーロッパ地域

○Regional Winner(最優秀賞)
ラトビア リガ国際空港 Primeclass Riga Business Lounge
○Highly Commended(高評価)賞
イギリス アバディーン空港 Northern Lights Executive Lounge

北米地域

○Regional Winner(最優秀賞)
メキシコ メキシコ・シティ国際空港(ベニート・フアレス国際空港) Lounge 19
○Highly Commended(高評価)賞
アメリカ オーランド国際空港 The Club MCO

中南米

○最優秀賞
-
○Highly Commended(高評価)賞
コロンビア ボゴタ・エルドラド国際空港 Eldorado Lounge

海外の空港ラウンジは日本と違う!?

実は、海外の空港ラウンジは日本とかなり異なり、プライオリティ・パスが使う“VIPラウンジ”という言葉に相応しいラウンジがたくさんあります。

日本の空港ラウンジでは、コーヒーや生ジュースを飲みながら、新聞を読んだりWiFiでパソコンを開いたり、タバコを吸ったり・・・、なんて使い方が“一般的”のように感じます。
フライトまでの時間をつぶす“休憩所”的なイメージと言いますか。。

しかし、海外のプライオリティ・パス会員対象の空港ラウンジは軽食やアルコールを含む飲み物が充実しているところが多く、朝食、ランチ、ディナーの時間帯で食べ物の内容が異なったりするラウンジもあります。
しかもラウンジ内が広くてエグゼクティブな雰囲気が漂いソファの座り心地も良い・・・などなどちょっとリッチな気分を楽しめるラウンジが多い印象を受けます。

プライオリティ・パスの単独入会はプレステージ会員で$429の設定ですが、利用してみると納得のプライス。
冒頭にも書いたように、プラチナカードをお持ちの方、またはこれから入会される方で海外へ行く機会がある方は、ぜひプライオリティ・パスへ入会しましょう。

ディルムンラウンジに用意された軽食の写真

※写真:バーレーン国際空港 ディルムンラウンジの軽食

プライオリティ・パスの特典が付帯しているプラチナカード

プラチナカードの中には、プライオリティ・パスのプレステージ会員への年会費が無料となる特典を備えたカードが存在します。
年会費が高く設定されているプラチナカードですが、海外へ旅行・出張等で行く機会が多い方なら、国内外の空港ラウンジを多く利用することで年会費に見合ったメリットを受けられるのではないでしょうか?

会員特典にプライオリティ・パスがあるプラチナカード一覧

※三井住友カード プラチナは、メンバーズ・セレクションで「プライオリティ・パス」を選択する必要があります。
※全て本会員しか入会できませんが、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのみ家族会員の入会も可能となっています。

≪スマホ用≫おすすめガイド
おすすめのプラチナカードガイド

執筆者の顔写真執筆者の顔写真

クレジットカード利用歴約30年。プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。
ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

PAGE TOP

おすすめ情報

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典