年会費2万2千円のプラチナカード(MUFG・セゾン・静銀セゾン)を比較してみたら

格安年会費で入会可能な3枚を比べてみる

5万円のプラチナカード比較ページのイメージ画像 スマホ用のメインイメージ画像

できるだけ負担を抑えてプラチナカードを持ちたい、といった要望は少なくありません。
5万円や10万円以上のプラチナカードも、付加価値があるものもありますが、毎年の固定費として年会費を支払うことを考えると、抵抗を感じるのはやむを得ませんね。

となると候補に挙がるのが、年会費22,000円の格安プラチナカード。

そこで、このページでは、以下に示す、だれでも新規入会申込みが可能な年会費22,000円のプラチナカードを厳選して3枚ピックアップし、それぞれのPRポイントについて探ってみたいと思います。
これらのプラチナカードは、年会費22,000円といえども、コンシェルジュサービスやプライオリティパスなどの基本的な優待特典は備えており、安さと機能性がバランスよく融合されています。



なお、いずれのカードも正式名称が長いため、このページの本文中では、「MUFGプラチナ」、「セゾンプラチナ・アメックス」、「静銀セゾン・プラチナ」とカード名を略して記述させていただきます。
また、セゾンプラチナ・アメックスには条件クリアで年会費が半額になる“ビジネスカード”も用意され、個人の申し込みも受け付けています。
これについても、若干触れさせてもらいます。

ポイントは静銀セゾンプラチナの勝利か?

まず、ポイントのたまりやすさについて比較していきます。
一般的なクレジットカードでしたら、それほど大きな違いはないのですが、ここで紹介する3枚は基本ポイント自体に開きがあります。
長く使用していくと、その開きはどんどん大きくなるので要注意です。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの券面画像
1,000円=1pt
海外は1,000円=2.0pt
1,000円=1.5pt
海外は1,000円=2.0pt
1,000円=2.0pt
年間利用額に応じてボーナス
50万円以上100万円未満
20%UP
100万円以上で50%UP
ボーナスポイントはなし ボーナスポイントはなし
ポイントの有効期限は3年間 ポイントの有効期限なし ポイントの有効期限なし
Amazonギフト券
1000pt=4000円
※1pt=4円

ギフトカード
1550pt=6,000円
※1pt=3.9円
Amazonギフト券
200pt=1000円
※1pt=5円

ギフト券
500pt=2000円
※1pt=4円
Amazonギフトカード
200pt=1000円
※1pt=5円

ギフトカード
500pt=2000円
※1pt=4円

基本ポイントは、国内・海外ともに1,000円=2.0ポイント貯まる静銀セゾンプラチナが有利。

たとえば年間200万円の利用が見込まれるなら、
MUFGプラチナ:12,000円分
セゾンプラチナ・アメックス:15,000円分
静銀セゾン・プラチナ:20,000円分
のAmazonギフト券に交換できる計算。

こう考えると、静銀セゾン・プラチナはかなり有利だということに気づきます。
※MUFGプラチナは50%UPにて算出。

Amazonギフト券に交換する場合、MUFGニコスをはじめ他の大手クレジットカード会社では1pt=3~4円以下であり、1pt=5円換算であるセゾンカードはAmazon.comをよく利用する方にとってメリットの高い1枚。
とくに静銀セゾン・プラチナ・アメックスは、
1,000円=2pt=Amazonギフト券10円
となり、ポイント還元率1%に達します。


一般のお店で利用できるギフトカードに交換する場合は、いずれのカードもポイント還元率が幾分下がりますが、それでも静銀セゾン・プラチナは“高ポイント還元率カード”といえますね。
貯めたポイントに有効期限がないのも魅力的です。


なお、静銀セゾン・プラチナ・アメックスは、セゾンポイントモールを利用できませんが、仮に以下のような利用状況を仮定すると、そんな大きなデメリットではないかもしれません。

年間利用金額:200万円
内訳:一般150万円、モール経由50万円(平均ポイント倍率を4倍と仮定)

この条件下では、静銀セゾン・プラチナ・アメックスが4,000pt相当貯まるのに対し、セゾンプラチナ・アメックスは、2250pt+2000pt=4250ptと約6%多く貯まります。

50%多くポイントが貯まるとか、2倍貯まる、というなら話は別ですが、10%に満たない差に収まるケースが多いと推測され、あまり強く意識する必要なないのではないでしょうか?

JALマイレージに移行するならセゾンプラチナ・アメックス有利

貯めたポイントを航空会社のマイレージにプログラムに移行する方もいるかと思いますが、この場合はどうでしょうか?

MUFGプラチナはJALのマイレージプログラムへのみ移行可能であるのに対して、セゾンプラチナ・アメックスおよび静銀セゾン・プラチナはJAL・ANAそれぞれのマイレージプログラムへ移行可能であり、「出張の際にはもっぱらANAを利用している」という方にはMUFGプラチナはおすすめできません。


三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの券面画像
JALのみ JALまたはANA JALまたはANA
JALに移行する場合
1pt=8マイルで200pt以上、100pt単位で移行
1回に最大1900pt(15200マイル)まで移行可能
SAISON MILE CLUBに登録すると、1000円=10マイルにて移行可能。
交換上限は15万マイル
200pt=600マイル
※1pt=3マイル
交換上限数はなし
ポイント付与率の違いを考慮した換算マイル数
1000円=1pt=8マイル 1000円=1.5pt=10マイル 1000円=2.0pt=6マイル

1,000円の利用でもらえるポイント数が各カードで異なるため、1000円当たりのマイル数も表の最下段に記載しました。

見ての通り、セゾンプラチナ・アメックスがダントツで優位。
これは、セゾンカードには「SAISON MILE CLUB」というJALマイレージへの交換レートがアップする登録制のサービスがあるため。
ゴールドカード以下のクレジットカードであれば年会費4,400円(税込)を要しますが、プラチナカード会員は無料。
セゾンプラチナ・アメックス会員であっても、もしSAISON MILE CLUBを利用しなければ、1pt=3マイルでの移行となります。
ちなみに、静銀セゾン・プラチナ・アメックス会員は、この「SAISON MILE CLUB」に登録できないため、不利な結果となりました。

ちなみに、本家のアメックス・プラチナは100円=1pt=1マイル相当、年間移行上限数が4万マイル(移行先はANAのみ)なので、 JALを利用する機会が多いなら、交換上限数15万マイルのセゾンプラチナ・アメックスは非常に有利な1枚といえます。

MUFGプラチナは年間の移行上限が極めて低く、マイラーにはおすすめできないので、違うカードの検討をおすすめします。

デザイン重視なら“黒”基調がおすすめ

カードデザインですが、これは個人的な主観が入るため、なんとも言えません。


格安プラチナカード3枚のデザイン比較

基本的なベースカラーは、MUFGと静銀セゾン・プラチナ・アメックスが「黒」、セゾンプラチナ・アメックスが「シルバー」。
セゾンプラチナ・アメックスは、2019年、一時的にセゾンカードのロゴが青と緑のタイプになりましたが、不評を買ったようで元のロゴに戻りました。
僕自身もロゴがカラーだったら、入会はしなかったと思っています。ロゴマークがカード全体のデザインを台無しにしていましたから。(笑)

個人的な意見ですが、「黒」を基調としたカードの方が、「シルバー」基調よりも高級感がありおススメです。
シルバー基調の中でも、ダイナースクラブカードのようにうまく高級感を醸し出す色使いをしたクレジットカードもありますが、“黒系”はピアノブラックやマッド系、パールブラック系など、タイプは違えどもいずれも高級感を出しやすい色。
なので、個人差はあるのでしょうが、複数のプラチナカードをテーブルの上に並べたとき、黒系のデザインを「いいな」と感じる人の割合は多くなると思います。

あなたは、どのカードデザインが好みですか?

プライオリティ・パスに着目すればMUFGプラチナが有利

国内主要空港のラウンジであれば、ゴールドカードでも利用可能ですが、海外の 主要空港のラウンジを利用したいとなると、プライオリティ・パスに年会費無料で登録できるプラチナカード会員がお得。

プライオリティ・パスは、世界の主要空港のラウンジを利用できる会員制のプログラムで、会員登録することで世界1300か所以上の空港ラウンジを利用できます。
日本国内の空港ラウンジはジュースが無料で飲めるくらいですが、海外ではビュッフェ形式で食事を楽しめるラウンジも多く、日本とは勝手が違います。

このプライオリティ・パスには、3つの会員資格が用意されていますが、各カード会社のプラチナカード会員が無料で登録できるのは、最上級のプレステージ会員。
通常の入会申込みだと429米ドル必要となります。

「プライオリティ・パスの会員登録をするならどのプラチナカードを選んでも同じじゃないか?」と思う方が多いと思いますが、実は「家族会員も利用したい」という方がいるなら、どれを選んでも同じじゃありません。

各プラチナカードの優待特典に付帯しているプライオリティ・パスは、カードの本会員のみ入会申し込みが可能であり、家族会員は申し込めないのがほぼ。
そんな中、年会費2万円と格安であるにもかかわらず、MUFGプラチナは本会員・家族会員を問わずプライオリティ・パスの申し込みができます。

もし、あなたが家族とともに海外旅行へ行く、という予定があるならMUFGプラチナは選択肢の1候補に挙がるのではないか?と思います。

年会費優遇特典があるセゾン・ビジネス・プラチナ

冒頭で年会費はいずれのプラチナカードも22,000円(税込)ですが、セゾンプラチナ・アメックスのビジネス版となる「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」には次年度年会費が半額に優遇される特典が付帯されています。
ただでさえ安い年会費設定なのに、半額となるとゴールドカードと変わらない11,000円(税込)の年会費でプラチナカードを持つことが可能。

その条件とは、「年間200万円以上のカード利用」があった場合。

もし、あなたがこの条件をクリアできるなら、迷わずセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みを検討した方がいいかもしれません。

仮に年間200万円の利用があったとすると、「SAISON MILE CLUB」に登録すればJALのマイルが2万2500マイルも貯まります。
11,000円の年会費で東京ー新千歳間の往復航空券がゲットできる計算。JALディスカウントマイル適用期間なら、約2往復分の東京ー新千歳、東京ー沖縄などの特典航空券(必要マイル数12,000マイル)を獲得でき、コスパ超最強のプラチナカードとなることでしょう。

まとめ

おすすめの3枚のプラチナカードについて、その違いが分かるよう複数項目にて比較をしてきました。

何を重要視するかで選択は変わってきますが、「特に要望はない」なら静銀セゾン・プラチナの選択が無難かと思われます。
高級感を感じられるデザインで、ポイント還元率が高いのは多くの方にメリットをもたらします。
Amazonギフト券に交換する場合も一般のお店で利用可能なギフトカードに交換する場合も、他社プラチナより有利な条件がもたらされます。


貯めたポイントをJALのマイレージプログラムに移行するという方はセゾンプラチナ・アメックスがいいでしょう。
ANAのマイレージプログラムへのポイント移行はおすすめできませんが、JALに関してはかなりお得で、年会費2万円のもとをとるのは容易としか言いようがありません。

また、ビジネスカードを希望なら年会費優遇特典を備えた「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」が間違いなく第1候補に挙がるプラチナカードです。
年会費1万円で、5万円以上の利益をもたらすことも容易なのは、信じられないほどのコスパです。
ただし、個人用のセゾンプラチナ・アメックスが1,000円=1.5ptに対して、セゾンプラチナ・ビジネスは1,000円=1pt(国内利用の場合)なので、この点だけは要注意。
マイルへの移行ではなく「Amazonギフト券」等への交換を希望なら、個人カードであるセゾンプラチナ・アメックスが高還元率となります。

年会費2万円のエポスプラチナも要検討

格安プラチナカードの中でポイント還元率に着目するなら、エポスプラチナカードも検討候補に挙げることをおすすめします。

こちらは、年会費3万円(税込)ですが、エポスゴールドカード会員がインビテーションを受け取った場合、永年年会費2万円(税込)でプラチナカードを持つことが可能。
エポスプラチナカードの大きなメリットの一つが、年間100万円の利用で年会費のもとを取れる点。

このプラチナカードは、ベースとなるポイント還元率が0.5%相当と一般的ですが、年間利用額に応じたボーナスポイントが用意されており、仮に年間100万円を利用した場合のボーナスポイントは2万円相当の2万ポイント。
通常のポイントを合算すると、年間100万円の利用で25,000円相当のポイントをゲットできます。

極力年会費をかけずにプラチナカードを持ち、しかも手っ取り早く年会費を回収したい!という方にはピッタリの一枚となります。

しかも、エポスプラチナカードなら優待特典も「てんこ盛り」で、仲間との飲み会や映画館、レジャー施設などで利用できる割引優待がクレジットカード業界最多で付帯しています。

>>>エポスプラチナカードの優待特典等はこちら

静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの券面画像 年会費 本会員 22,000円(税込)
家族会員 3,300円(税込)
カードブランド アメックスブランドのロゴ
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本会員 22,000円(税込)
家族会員 3,300円(税込)
カードブランド アメックスブランドのロゴ
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス券面画像 年会費 本会員 22,000円(税込)
家族会員 3,300円(税込)
カードブランド アメックスブランドのロゴ
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本会員 22,000円(税込)
家族会員 1名無料、2人目からは3,300円(税込)
カードブランド アメックスブランドのロゴ


執筆者の顔写真

クレジットカード利用歴約30年。プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。
ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

PAGE TOP

おすすめ情報

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典