JCBプラチナとTHE CLASSの違いは何?

年会費25,000円のJCBプラチナカードの魅力は?

JCBプラチナ トップイメージ スマホ用JCBプラチナのトップイメージ

当サイトは、Internet Explorerでは画像が表示されないように設定しています。
お手数ですが、他のブラウザでご覧いただくようお願いいたします。

JCBザ・クラスとの優待特典における主な相違

JCBオリジナルシリーズ

ジェーシービーから2017年秋に登場した、JCBプラチナ。
年会費は27,500円(税込)と、今までジェーシービーでは設けていなかったプライスゾーンでのリリースとなりました。

その名の通り【プラチナカード】なんですが、JCBブランドにはJCB THE CLASSが存在しており、いったい何が異なるのか?気になるところ。

JCB THE CLASSは年会費55,000円(税込)でカードデザインは“黒”を基調としており「ブラックカード」と呼ぶ方もいますが、ライバルでもある同じ年会費設定の三井住友カード プラチナと優待特典が概ね似ていることから、「プラチナカード」と位置付けるのが妥当です。

では、JCB THE CLASSとJCBプラチナの両者は一体に何が異なるのでしょうか?

大きな違いはメンバーズセレクションが付帯しない点

早速結論から言うと、JCB THE CLASSから【メンバーズセレクション】を外したのがJCBプラチナです。

それ以外のプライオリティ・パスやグルメ・ベネフィット、JCBプレミアム ステイプラン・・・
JCB THE CLASSに付帯する「ほとんど」の優待特典がJCBプラチナに付帯しています。
コンシェルジュに関しても、JCB THE CLASS、JCBプラチナ、ともに対応は変わりません。

まぁ、
・JCB THE CLASS 年会費55,000円(税込)
・JCBプラチナ 年会費27,500円(税込)
の違いをみると、20,000~30,000円相当の【メンバーズセレクション】がなくなっていることに頷くことができますね。


前述で「ほとんど」という書き方をしたのは、ほかにも『JCB THE CLASS』にあって『JCBプラチナ』にない優待特典がいくつかあるからです。

JCBプラチナに付帯していない、主な優待特典・サービスは以下の通り。

・ディズニーホテル スイートルーム優待プラン
・一匙
・東京ディズニーリゾート JCBラウンジ(予約制)
・プライオリティ・パス同伴者1名無料
・ゴルファー保険

※上記優待特典の詳細についてはJCB THE CLASSの主なサービスおよび優待特典のページにてご確認ください。ほかにも違いはありますが、“主なもの”として列記しました。


となると、話は早いです。
JCBブランドのプラチナカードで、JCBプラチナを選択するかどうかは、メンバーズセレクションおよび上記の特典に興味を抱くか否か、それだけです。

入会キャンペーン情報 入会キャンペーン情報

JCBプラチナのデザイン刷新

2021年12月から、JCBオリジナルシリーズのデザインがリニューアルされ、JCBプラチナのデザインも変更となりました。
新しいデザインでは、カードの表面からカード番号やカード名義が消え、これらの情報はカード裏面に集約されることになりました。
このデザインリニューアルに伴い、JCBプラチナは非常にすっきりしたデザインへと変化します。

また、JCBコンタクトレスに対応したのも今回の変更点のひとつ。
なお、JCBプラチナの既存会員は、手数料無料で新デザインのカードへ切り替えが可能となっています。

JCBプラチナの新しいデザイン

メンバーズセレクションとは何?

JCB THE CLASS「メンバーズセレクション」のページでも紹介していますが、ここでおさらいです。
「メンバーズセレクション」とは、年に1度お好きなプレゼントがもらえるサービスで、家電製品や高級食器などのほか、
・ディズニーグッズ+パークチケット2枚組(1万6400円相当)セット
・USJスタジオ・パス2枚組(1万5600円以上)+USJオリジナルデザイン JCBプレモカード(5,000円分)
・JCBトラベルクーポン(2万~3万円分)
などが用意されています。(2021年度)

また、毎年、実売価格3万円以上のお宝的な商品もメンバーズセレクションには含まれています。海外トラベルクーポン3万円もその一つですが、2021年度だと、実売価格36,000円の高級ドライヤーなんて商品も含まれていました。
なので、選択する商品によっては、JCBプラチナよりも実質的な年会費が安くなっている方も、JCB THE CLASS会員の中には存在します。

JCB THE CLASS メンバーズセレクション2021の冊子

東京ディズニーリゾートやUSJが好きな方、若しくは旅行が好きな方ならJCB THE CLASSは“高い買い物”には該当しないでしょう。

とくに、近年は東京ディズニーリゾートもUSJもチケット代が変動制導入で高額になってきており、JCB THE CLASSの実質年会費は半額くらいにまで落ちますので。

しかし、メンバーズセレクションに興味を持たない、つまり「別になくてもいい」と考えるなら、JCBプラチナが選択の候補に挙がってきます。

JCB THE CLASSと2枚持ちはできない

JCBプラチナですが、実はJCB THE CLASSとの2枚持つことはできません。
これは、ジェーシービーの担当者から直接伺った情報です。
なのでJCB THE CLASS会員の方が申し込みをして審査に通れば、【カードの切り替え】という手続きになり、お手持ちのザ・クラスは使えなくなります。

JCBプラチナの新しいデザイン

格安プラチナカードと比べてどうなのか?

国内では年会費22,000円(税込)に設定されたプラチナカードも多く存在していますが、それらと比べてJCBプラチナを選択するメリットはあるのでしょうか?

まず、日本の国際ブランドだけあって、国内での利便性はJCBブランドが優位です。
地方の飲食店や街中の小さなお店などで、Visaが使えないお店が稀にありますが、JCBは広く浸透しています。

そのほか、補償内容が厚いのもJCBプラチナの大きな魅力。
海外旅行傷害保険は、【最高1億円】とか【最高5000万円】という言葉に目が行きがちですが、それは傷害死亡や傷害後遺障害が起こったときの補償。
現実的に重要な補償は、これ以外の「傷害治療・疾病治療費用」、「賠償責任」、「携行品損害」などで、これらの補償内容が充実しているかどうか?を確認する必要があります。

JCBプラチナは、年会費2万円程度のプラチナカードや、年会費33,000円の三井住友カード プラチナプリファード、年会費38,500円のTRUST CLUB プラチナVisaカードなどと比べ、断然厚い補償内容となっています。
つまり、安心感が高いのがJCBプラチナの大きな魅力でもあります。

また、Visaのコンシェルジュは繋がりづらいことがありますが、JCBのコンシェルジュはプラチナカードの中ではつながりやすい。
電話での依頼時には、こちらで想定していないプラスαの提案をしてくれることも度々あり、非常に頼りになります。
プラチナカードを選択するなら、「コンシェルジュの使いやすさ」はとても重要なファクターです。


JCBオリジナルシリーズ

さらに、グルメ系の優待特典として、「JCBゴールド グルメ優待サービス」も見逃せない特典。
その名の通り、JCBゴールド会員も利用可能な優待ですが、全国の対象飲食店で食事代が20%割引や10%割引になる優待特典。
飲食代金が20%OFFになるお店は全国に約370店舗、10%OFFになるお店も全国に約370店舗で、全都道府県に対象店舗があります。
(※2022年1月31日時点での対象店舗数となります)

そのほか、2名以上の予約で1名分のコース料理が無料になる「グルメベネフィット」は、他社の類似サービスと比べて対象店舗数が少ない(2022年1月31日時点で全国135店舗)ですが、37都道府県に対象店舗があります。
他社では、ここまで多くの都道府県に対象店がある優待を提供していません。

つまり、JCBプラチナは、地方都市在住者にとっても他社プラチナカードを選択するよりもメリットを受けやすいのです。

グルメ系優待では、ほかに「グルメルジュ」というサービスも提供していますが、こちらはJCBコンシェルジュが過去に案内した飲食店も多く含まれており、彼女や奥さんと美味しい食事をしたいときに役立ちます。
また、グルメルジュは「1名」で予約できるお店も検索することができ、コロナ禍で1人で食事をする機会が増えた現代社会には非常にマッチしたサービスと言えます。オンラインで飲食店の予約をできるのも便利です。



USJに関しては、ジュラシックパークエリアにあるJCBラウンジをカード会員を含めて最大4名まで利用でき、ソフトドリンクを飲みながら休憩することが可能。
JCBラウンジを利用した後は、希望すればザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗が与えられ、待ち時間なく人気のアトラクションをたのしむことができます。
僕自身、USJでは、ザ・フライング・ダイナソーの先頭車両に2度、娘と搭乗したことがあります。
エンターテイメントに関する特別な優待を備えた、割安のプラチナカードは他に存在しないので、これもJCBプラチナの大きな魅力と言えるでしょう。

このほか、JCBブランドの最高峰となるJCBザ・クラスを入手できる可能性もあります。
僕自身、JCBザ・クラスのほか、年会費10万円を超えるアメックスプラチナやダイナースクラブ プレミアムカードを保有していますが、入手難易度はJCBザ・クラスの方が圧倒的に上。そう簡単にはインビテーションは届きません。
(※ダイナースクラブ プレミアムカードは2020年に解約)
入手困難であるが故に、【ステータス性】はかなり高いプラチナカードです。

2万円程度のプラチナカードには、その上位カードがほぼ存在していませんが、JCBプラチナなら【JCBザ・クラス】という更なるステップアップも望めます。

JCBプラチナ新規入会キャンペーン情報(PC版) JCBプラチナ新規入会キャンペーン情報

JCBプラチナの基本情報

JCBプラチナ券面画像 年会費 本会員 27,500円(税込)
家族会員 無料、2人目より1名につき3,300円(税込)
申し込み対象 25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カードブランド JCB
JCBプラチナ公式サイト
JCBオリジナルシリーズ

取得までの期間

新規申し込みを受け付けており、公式サイトでは、入会資格を以下のように記載しています。

25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。※学生不可

JCBプラチナの審査について

JCB THE CLASSが完全招待制を貫いている中、JCBプラチナは新規入会を受付けているプラチナカードで、年齢に25歳以上の制限が設けられているものの、比較的入手しやすい1枚となっています。

JCBプラチナの主な会員特典

JCBプラチナの基本情報

JCBプラチナ券面画像 年会費 本会員 27,500円(税込)
家族会員 無料、2人目より1名につき3,300円(税込)
申し込み対象 25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
カードブランド JCB
JCBプラチナ公式サイト
JCBオリジナルシリーズ
入会キャンペーン情報 入会キャンペーン情報

JCBプラチナの年会費の元を取る方法は簡単だ


JCBプラチナは、コスパに優れるプラチナカードであるといえます。
ここで、年会費以上の恩恵を受けるべく、このクレジットカードに付帯したお得なサービスを紹介します。
なお、1回の宿泊で年会費を回収できるような有名ホテルのスイート優待宿泊なんかは、ここでの紹介を割愛します。

グルメベネフィットで回収

プラチナカードの定番的なグルメ系の優待特典で、所定の飲食店で2名以上で特定のコース料理を予約すると1名分が無料になる特典。
Visaなんかは、東京・大阪の2つのエリア周辺に偏っていますが、JCBは地方都市も含めて全国の主要都市に対象となる飲食店があります。

コース料理の値段ですが、だいたい1名あたり1万円~2万円の間に設定されていることが多く、価格帯から想像できるように対象店舗はいずれもハイレベルなお店。
「そんな高い料理なんか食べないよ~」という方、たとえば1人1万円のコース料理のお店をチョイスしたら2名で1万円。1人あたり5,000円なら決して高くはないでしょう。
年に2回利用したら、2万円の得です。

一人15,000~20,000円のコース料理を提供する対象店舗もかなりありますから、年に2回利用するならこれだけで年会費のほとんどを回収できます。

JCBプレミアムステイプランで回収

国内のホテル・旅館を優待価格で宿泊できるサービス。
JCB THE CLASS会員もそうですが、JCBプラチナ会員には、毎年対象ホテルを掲載した冊子と、宿泊料金を記載した冊子が届きます。
優待サービスが掲載された分厚い冊子が届くのは、JCBプラチナとJCB THE CLASS以外にはありません。他社はウェブでの優待検索が基本。

「ホテルの宿泊なんて、大手宿泊予約サイトを利用した方が安いに決まっているじゃん!」と思った方。
そういう先入観はマズいです。

今の時代、ホテルの公式サイトで予約した方がベストフレキシブルレートで安くなるケースも少なくありませんが、「JCBプレミアムステイプラン」はどこよりも安く泊まれる設定があるんです。
通常3万~5万くらいの宿泊料金が必要なホテルが1.5万~2万円くらい、なんてケースも。。

JCBプラチナ会員は、JCBプレミアムステイプランだけで年会費の元を取ることも可能なプラチナカードです。

プライオリティ・パス

JCBオリジナルシリーズ

世界の主要空港にあるラウンジを利用できる会員制プログラム「プライオリティ・パス」。
ゴールドカード以上のカード会員が利用できる日本国内の空港ラウンジって、コーヒーやジュースしかないのが基本ですが、海外の空港ラウンジって食事やアルコールが充実しているケースが多いんですよね。
しかも、ラウンジの中の造りもホテルのような高級感がある。
JCBプラチナなら、そんな海外の対象となる空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できます。
通常年会費がUS$429なので、そのときの為替相場によりますが、1米ドル=130円とすると約56,000円。年会費以上のパフォーマンスを発揮します。



上記以外にも様々なサービスが付帯されていますが、JCBプレミアムステイプラン、グルメベネフィット、プライオリティ・パスをうまく使いこなせば、年会費27,500円(税込)の回収はあっという間。
コンシェルジュやゴルフ関連のサービスの特典なんかを使うなら、非常に付加価値の高いプラチナカードといえます。

年会費2万円のプラチナカードもある中で、個人的にはJCBプラチナは最高水準のコスパに優れたカードだと思っています。

JCBプラチナ新規入会キャンペーン情報(PC版) JCBプラチナ新規入会キャンペーン情報

関連ページのご案内

JCBプラチナはまだ早いとお考えなら、JCBゴールドはいかが?

いくらJCBザ・クラスよりも安い年会費だとはいえ、年会費的にもJCBプラチナを持つのはちょっと。。。とお考えの方はJCBゴールドの入会を検討してみてはいかがでしょうか?
僕自身、色々なゴールドカードを持ちましたが、正直、空港ラウンジを使える以外は目立った優待特典に乏しく、プラチナカードよりもコスパが悪いカードばかり。
しかし、JCBゴールドは全国約250店の飲食店で飲食代金が20%OFFなどの優待特典が付くなど、価値ある1枚。
いまなら初年度年会費無料に加えて、新規入会キャンペーンを実施中です。

JCBゴールド券面画像 年会費 本会員 11,000円(税込)
家族会員 1名様無料、2人目より1名様につき1,100円(税込)
入会基準 原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
カードブランド JCBブランドのロゴ
JCBカード公式サイト
執筆者の顔写真執筆者の顔写真

プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

PAGE TOP

法人決済用ブラックカード

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典