プラチナカードnavi プラチナカードの審査やメリットについて

プラチナカードの種類と取得方法

掲載中のプラチナカード 国内に流通する主なカードを紹介しています 詳細はこちら
カード選びに迷ったら 年会費で選ぶおすすめのプラチナカードをご紹介 詳細はこちら
年会費5万円のプラチナ 年会費5万円のプラチナカードを比較してみました 詳細はこちら
AMEX or Diners or Luxury 年会費10万円以上のプレミアムカードを比較してみました 詳細はこちら
金属製カードという選択 Mastercard 最高峰「World Erite」 詳細はこちら

当サイトは、Internet Explorerでは画像が表示されないように設定しています。
お手数ですが、他のブラウザでご覧いただくようお願いいたします。


執筆者の顔写真執筆者の顔写真

クレジットカード利用歴約30年。プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。
ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

筆者が保有していたプレミアムカード写真

高額年会費でもプラチナカードの優待を使いこなせばメリット大

アメックスプラチナのカード到着時の封書写真 アメックスプラチナのカード到着時の封書写真

―はじめに―

私自身、プラチナカードを最大時には8枚所有していましたが、はじめてインビテーションが届いたときは、正直入会には前向きではありませんでした。
年会費は5万円とか十ウン万円。

ためらうのも当然といえば当然。

インビテーションとともに届いた会員向けサービスや補償の案内を見たり、カード会社からプラチナカードのメリットについて直接電話で案内されたり・・・。


だけれども、年会費相応の価値をよく見いだせなかった。
手元に届くインビテーションなんて、簡潔にしかサービスが記載されていませんから。

1枚目は「思い切って入会してみた!」というのが本音ですが、半年も所有すると“プラチナカード”の持つ会員向けサービスがだいぶ理解でき、「これはコスパに優れている!」と高額年会費にも納得させられました。
単なる決済手段を目的として持つなら宝の持ち腐れのプラチナカード。


エクスペリエンスこそが、プラチナカードを保有する最大のメリット。1枚のカードで仕事もプライベートも、より豊かになっていきます。
貯めたポイントだけでペイするカードもありますが、それはごく一部。
ポイント還元率にトコトンこだわるなら、別にプラチナカードを選択する必要などなく、年会費無料のクレジットカードやゴールドカードで十分ではないか?と感じます。
また、ポイントだけに頼ったら、そのカードのデメリットしか見えなくなります。
多くのプラチナカードは、“ポイント”よりも“優待特典・サービス”の充実に力を入れており、優待特典を上手く活用できるなら年会費以上のベネフィットを受取れるでしょう。

言い換えれば、上手く使いこなせないと「年会費が高すぎる!」とか「お金の無駄だ!」と解約していくしかなくなります。
もちろん、自分自身のライフスタイルに合致していない優待特典であれば、高いお金を出して入会する必要などありません。
もし、あなたが、ゴールドカードよりもステータスの高いカードに興味をお持ちなら、まずは必要な優待特典か?不要な優待特典か?をじっくり検討していき、あなたの価値観にあった1枚を探していただければと思います。

保有するプラチナカードの紹介(公式ブログ)


筆者が保有するプラチナカードは6枚

僕自身、もともと3枚のプラチナカードを活用してベネフィットを受けていましたが、実際の使用感や優待サービスの質感を確かめたく、最大時には8枚、2022年時点では6枚の保有者となっています。
また自分にとってメリットの薄いカードは解約をしてきましたが、今後も自分に必要なカードだけを残し、不要なカードは解約する予定です。

【解約したプラチナカード】
ラグジュアリーカード(TITANIUM)(2020年解約)
ダイナースクラブ プレミアムカード(2020年解約)
TRUST CLUB ワールドエリートカード(2020年解約)
三井住友カード プラチナ(2019年解約)

僕の知人には経営者が多く1,000人は優に超えますが、このサイト【プラチナカードnavi】は僕自身に加えて知人の情報を交えて記事を書かせて頂いております。

保有カードをザックリ紹介

筆者が保有するプラチナカードの紹介

僕自身が保有するプラチナカードは、ビジネスも含めて6枚あります。ここでは、解約したカードも含め、保有経験のあるカードをザックリと紹介していきます。

プラチナカードnaviについて

当サイトは、あまり知られていないプラチナカードに関する“疑問”を解決するため、
そもそも会員になるとどういったメリットがあるのか?
どういったユーザーにメリットをもたらすのか?
などを具体的に記述していきます。
また、各カードの特典内容・サービスをとりまとめ、自分自身に合った1枚を探せるよう、利用したいサービスでカテゴリ化するなどして紹介しています。

年会費相応のベネフィットを受けるために

年会費相応のベネフィットを受けるために重要なこと

高額な年会費となるプラチナカードは、ただの“決済手段”だけで利用していたのではお金の無駄。僕が考える年会費相応のベネフィットを受けるために重要なポイントをまとめました。

ラグジュアリーカードの詳細ページへ

厳選プラチナカードと新規入会キャンペーン情報

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファードの画像 三井住友カード プラチナプリファードの画像
年会費:33,000円(税込)
家族会員 無料
Visaのロゴマーク iDのロゴ Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高5,000万円まで
国内 最高5,000万円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高500万円
自己負担額 3,000円
コンシェルジュ 24時間
受付:電話・メール
回答:電話・メール
空港ラウンジ 国内 同伴者1名まで無料
海外 付帯無し
ポイント還元率 1.0~2.0%
マイル移行率 100円=0.5マイル
ボーナスpt除く

ラグジュアリーカード BLACK CARD

ラグジュアリーカード(ブラックカード)の画像 ラグジュアリーカード(ブラックカード)の画像
年会費:110,000円(税込)
家族会員 27,500円(税込)
mastercardのロゴマーク クイックペイのロゴ Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1.2億円まで
国内 最高1億円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高500万円
自己負担額 3,000円
コンシェルジュ 24時間
受付:電話・メール
回答:電話・メール
空港ラウンジ 国内 同伴者1名まで無料
海外 プライオリティ・パス
ポイント還元率 1.25%
マイル移行率 1,000円=7.5マイル

ジャックスカードプラチナ

ジャックスカードプラチナの画像 ジャックスカードプラチナの画像
年会費:22,000円(税込)
家族会員は無料
mastercardのロゴマーク クイックペイのロゴ Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1億円まで
国内 最高1億円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高300万円
自己負担額 3,000円
コンシェルジュ 24時間
受付:電話
回答:電話・メール
空港ラウンジ 国内
海外 独自のラウンジプログラム
ポイント還元率 1.5~2.0%
マイル移行率 1000円=9~12マイル
ANAの場合

TRUST CLUB プラチナマスターカード

トラストクラブプラチナマスターカードの画像 スマホ版トラストクラブプラチナマスターカードの画像
年会費:3,300円(税込)
家族会員は無料
mastercardのロゴマークApple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高3,000万円まで
国内 最高3,000万円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高50万円
自己負担額 10,000円
コンシェルジュ 付帯無し
空港ラウンジ 国内 海外は利用不可
海外
ポイント還元率 0.5%
マイル移行率

UCプラチナカード

UCプラチナの画像 UCプラチナカードの画像
年会費:16,500円(税込)
家族会員は3,300円/人
Visaのロゴマーク QUICPayのロゴ Apple payのロゴ Google Payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1億円まで
国内 最高5,000万円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高300万円
自己負担額 3,000円
コンシェルジュ 24時間対応
空港ラウンジ 国内 同伴者は有料
海外
ポイント還元率 1.0%
マイル移行率 1000円=6マイル

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメックス・プラチナカードの画像 アメックス・プラチナカードの画像
年会費:143,000円(税込)
家族会員は4枚まで無料

アメックスのロゴマーク Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1億円まで
国内 最高1億円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高500万円
自己負担額 10,000円
コンシェルジュ 24時間
受付:電話・メール
回答:電話・メール
空港ラウンジ 国内 同伴者1名まで無料
海外 プライオリティ・パス
ポイント還元率 0.5%
マイル移行率 100円=1マイル

ラグジュアリーカード TITANIUM CARD

ラグジュアリーカード(チタニウムカード)の画像 ラグジュアリーカード(チタニウムカード)の画像
年会費:55,000円(税込)
家族会員 16,500円(税込)
mastercardのロゴマーク クイックペイのロゴ Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1.2億円まで
国内 最高1億円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高500万円
自己負担額 3,000円
コンシェルジュ 24時間
受付:電話
回答:電話・メール
空港ラウンジ 国内 同伴者1名まで無料
海外 プライオリティ・パス
ポイント還元率 1.00%
マイル移行率 1,000円=6マイル

ラグジュアリーカード BLACK CARD

ラグジュアリーカード(ブラックカード)の画像 ラグジュアリーカード(ブラックカード)の画像
年会費:110,000円(税込)
家族会員 27,500円(税込)
mastercardのロゴマーク クイックペイのロゴ Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1.2億円まで
国内 最高1億円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高500万円
自己負担額 3,000円
コンシェルジュ 24時間
受付:電話・メール
回答:電話・メール
空港ラウンジ 国内 同伴者1名まで無料
海外 プライオリティ・パス
ポイント還元率 1.25%
マイル移行率 1,000円=7.5マイル

ダイナースクラブ プレミアムメタルカード

ダイナース プレミアムメタルカードの画像 ダイナース プレミアムメタルカードの画像
発行手数料:20,000円(税込)
※年会費は無料ですがダイナースクラブ プレミアムカードに準じます
ダイナースクラブのロゴマーク クイックペイのロゴ Apple payのロゴ
旅行傷害保険 海外 最高1億円まで
国内 最高1億円まで
買物保険
(動産保険)
補償限度額 最高500万円
自己負担額 10,000円
コンシェルジュ 24時間対応
空港ラウンジ 国内 同伴者1名まで無料
海外 クラブラウンジ
ポイント還元率 0.6%
マイル移行率 100円=1.5マイル
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのカードデザイン
年会費22,000円(税込)
2023年3月31日までの期間限定で初年度年会費無料
三井住友カード プラチナプリファード

年会費33,000円(税込)
新規入会+カード利用で、最大55,000円相当プレゼント
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費22,000円(税込)
新規入会後、MUFGカードアプリにログインの上、ショッピングでカードを利用すると最大15,000相当のポイントをプレゼント
JCBプラチナ
JCBプラチナの画像
年会費27,500円(税込)
新規入会後、MyJCBアプリにログインの上、2022年12月15日(木)までに25万円以上(税込)利用した方に初年度年会費27,500円キャッシュバック。
Amazon.co.jpで買い物をすると、Amazon.co.jp利用金額の20%、最大30,000円キャッシュバック。
さらに、Apple Pay・Google Pay利用分の20%、最大5,000円キャッシュバック。
※それぞれ、キャンペーンを適用するためには条件がありますので、公式サイトにてご確認ください。
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメックスプラチナのカードデザイン
年会費143,000円(税込)
入会後3ヶ月以内に合計50万円以上利用で20,000ボーナスポイント、入会後3ヶ月以内に100万円以上利用でさらに20,000ボーナスポイント、さらに入会月の翌々月末までに100万円以上のカード利用でAmazonギフト券3万円分プレゼント。すべての条件を達成の場合、通常ポイントを含め合計で最大50,000ポイント+Amazonギフト券3万円分獲得可能となっています。
Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム・カード
Marriott Bonvoyアメックス・プレミアムのカードデザイン
年会費49,500円(税込)
入会後3ヶ月以内に30万円以上のカード利用で合計39,000ポイント獲得可能
ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
ヒルトン・オナーズアメックス・プレミアムのカードデザイン
年会費66,000円(税込)
入会後3ヶ月以内に30万円以上のカード利用で合計39,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント獲得可能

プラチナカードによくある疑問

プラチナカードとは?イメージ画像

プラチナカードとは?

そもそもプラチナカードとはどんなクレジットカード?
また、当サイトではどこまでを
“プラチナカード”として紹介しているのかも併せて触れています。

・・・続きを読む

プラチナカードのメリットイメージ画像

メリットは?

そもそもプラチナカードを持つメリットって何?
高い年会費を払ってまでプラチナカード会員に入会するメリットってなんでしょうか?

・・・続きを読む

インビテーションの取得方法

どうすれば取得できる?

クレジットカード会社のWEBサイトに詳細が記載されていないカードもありますが、どうやれば取得できるのでしょうか?
インビテーションが届く条件は?

・・・続きを読む

おすすめのプラチナカードガイド

安い年会費のプラチナカードから1枚を選ぶなら
年会費55,000円のプラチナカード比較ページのバナー
年会費10万円以上のプレミアムカード比較ページのバナー

プラチナカードの審査はやっぱり厳しいのか?

現在、プラチナカードに入会する方法には、インビテーションからの入会と新規入会の2通りがあります。
プラチナカードに入会するにあたって、審査が心配な方も少なくないと思います。

まず、ゴールドカード会員の方でプラチナカードのインビテーションが届いた方は、ほとんど審査に通ります。(プラチナカードが新規入会を受付けているかどうか?に関わらず、条件を満たせばゴールドカード会員に案内が届くのが“普通”です。)
というか、審査に落ちたケースを僕の周りでは聞いたことがありません。
申込書には、勤続年数や家族構成、持ち家の有無などのほか年収の記載がありますが、インビテーションが届いたということは多くの場合、カード会社がゴールドカード時代の利用実績を見て判断していると思われ、審査上ここがかなり重視されてると推測されます。

続きを読む

なので、入会の意思がある方はインビテーションからの申込みで、ほぼ確実にプラチナカード会員になれます。


インビテーションが届かない!というゴールドカード会員の場合、月々の利用実績が不足している可能性が高いので、まずはカードで様々なことを決済することを心がけましょう。
また、僕自身の経験上、ゴールドカードに付帯するサービスをよく利用したりすることも大切なような気がします。
なお、これも経験上の話ですが、JCB THE CLASSは毎月10万円くらいの利用では、インビテーションが届かない気がします。できれば年間200万円以上のカード利用が、インビテーションを受け取る近道です。


対する、新規入会。
つまり、ゴールドカードを持っておらず新規に申込みをされる方は、カード会社によってハードルが異なります。
MUFGプラチナ・アメックスなど比較的簡単に審査に通りやすいプラチナカードもありますが、三井住友カード プラチナなんかはそれなりの年収が無いといけないように感じます。

ただし、申し込みたいプラチナカードを発行するカード会社のゴールドカード会員じゃなくても、一般カード会員で、会員履歴が長いとか、毎年それなりの利用実績があるという方なら、同じ新規申し込みでもハードルは高くないのでトライするのもアリでしょう。


新規入会可能なプラチナカード

プラチナカードには選び方があるのか?

ゴールドカードなら1万円程度の年会費が主流。年会費2,000円程度の格安ゴールドも普及していますが、ゴールドらしいスペックを搭載したクレジットカードとなると1万円程度となります。

対するプラチナカードは、年会費2万円程度から14万円程度(航空系となるとこれより高い年会費設定のプラチナカードも存在します。)と、かなりの幅があります。
それぞれに特色があり、「安いからダメだ!」とか「高すぎてお金の無駄だ!」とは言い切れません。
要は、使う人のライフスタイルによって、それぞれのプラチナカードの価値観を見いだせるかどうかが異なるのです。
「プラチナカードよりもゴールドカードの方が、自分にとってコスパが高い」という方も当然います。

ただ、経済的な余裕から年会費10万円を超えるようなクレジットカードは持てない!という方も少なくありません。
やはり、選ぶ際には、国際ブランドよりも年会費が重要なファクターになると思われます。自分が出せるのは2万円なのか、5万円なのか、10万円以上もOK!なのか、という具合に。



自分自身が出せる年会費を第一に考えて、次にその価格帯の中でカードを絞り込んでいくのが無難じゃないかと思います。
ただし、インビテーションからの申込みが原則となっているプラチナカードもありますので、気になるプラチナカードが見つかったら、まずはそのカード会社が発行するプロパーのゴールドカードに入会するのがいいでしょう。1社に絞る必要はなく、気になるカードが2枚あるなら2社のゴールドカードに入会するというのもOK。ダイナースクラブカードとJCBゴールド、みたいな感じで。

新規入会を受付けているプラチナカードでも、まずはゴールドカードに入会してインビテーションを受け取ってからプラチナにランクアップする方が審査のハードルの関係上、有利な場合もあります。三菱UFJカード プラチナ・アメックスのように比較的入会しやすいカードもありますが、三井住友カード プラチナなんかだと、新規入会はハードルが高め。
しかも、三井住友カード プラチナの場合、三井住友ゴールドカード会員からインビテーションをもらった方が初年度年会費が半額になるメリットもあります。


プラチナカードの選び方については、下記ページにまとめてますので、ご覧ください。

年会費別に分類したおすすめのプラチナカード

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

法人決済用ブラックカード

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典