年会費10万円以上のアメックス、ダイナース、ラグジュアリー、どれを選ぶ?

プレミアム性の非常に高い3枚のクレカについて考える

10万円のプラチナカード比較ページのイメージ画像 スマホ用のメインイメージ画像

航空会社との提携カードを除き、年会費が10万円以上となる代表的なプレミアムカードは3枚あります。

1つ目が知名度が非常に高いアメックス・プラチナで年会費13万円(税抜き)。
国内での利便性も高く、ビジネス版のアメックス・プラチナを使用する経営者も少なくありません。

2つ目はダイナースクラブ プレミアムカードで、こちらも年会費13万円(税抜き)
アメックスと比べると利便性は劣りますが、会員特典が豊富で質が高く、ポイント還元率もかなり高いことから人気のカードです。

3つ目が2016年に登場した、ラグジュアリーカードのBLACK CARD(ブラックカード)で、年会費は前述の2枚より抑えた10万円(税抜き)。
ラグジュアリーカードには、このBLACK CARDの上にGOLD CARDが存在しますが、このページでは年会費がアメックス、ダイナースと比較的近いBLACK CARDを取り上げます。

これら3枚のプレミアムカード、どのカードがどういったメリットがあるのか?、ちょっとまとめてみたいと思います。

アメリカン・エキスプレス
プラチナ・カード
ダイナースクラブ
プレミアムカード
ラグジュアリーカード
BLACK CARD
アメックス・プラチナの券面画像 ダイナースクラブ プレミアムカード ラグジュアリーカードBLACK CARDの券面画像
年会費13万円(税抜き) 年会費13万円(税抜き) 年会費10万円(税抜き)
新規入会キャンペーン実施中

利便性の比較

まず最初に利便性についてですが、
アメックス・プラチナ【AMEX】
ダイナースクラブ プレミアムカード【Dinersclub】
ラグジュアリーカード【Mastercard】
と、それぞれ国際ブランドが異なります。

この中では、もちろんMastercardブランドが国内外を問わず最も高い利便性を誇ります。

ただし、日本国内においてはアメックスとMastercardは、ほとんど違わない利便性を誇り、これがアメックス・プラチナの会員拡大に繋がっている要因ともいえます。
ダイナースは確かに「利便性」という観点では劣りますが、個人的には大きな不自由なく利用している点を付け加えておきます。

知名度

知名度では【アメックス・プラチナ】がやはり高いです。
ダイナースクラブ プレミアムカードは、経済的にゆとりのある方にとっては広く知られていますが、一般庶民の方の中には【ダイナースクラブ】という国際ブランドすら知らない方が少なくありません。
「ダイナースって何?」と聞かれたこと、何度もあります。(笑)

スーパーのレジにもダイナースのマークはあるんですがね。
ただし、ダイナースクラブ プレミアムカードを選択した人には非常にコアな方が少なくなく、ダイナースの持つ魅力に惹かれて入会したという話をよく聞きます。

ラグジュアリーカードは、日本では2016年11月に登場した最も後発カードであるため、当然、認知度は最も低い。
Mastercardの最上位グレード【ワールドエリート】も認知度が低く、アメックス・プラチナ会員の方でも知らない人が沢山いるのが現状。

ただし、金属製カードということもあり、今後は広く知られる可能性を十分に秘めています。
今から入会しておけば、世間一般に知られるようになったときに、「あっ!あの人が持っているカードだ!」と言われるかもしれませんね。

アメックス・ビジネス・プラチナの写真その1

カードデザイン

カードデザインについて良し悪しを語るには、感覚に個人差があるので難しいトコロ。
そこで、私自身の周りにいる様々なプラチナカードホルダーを例に話をすすめます。

まず、最も知名度の高いアメックス・プラチナですが、デザイン的に高い評価を挙げる人はほぼいません。(笑)
僕もその一人ですが、【プラチナ】というより【グレー】が基調となっていますからね。

僕がダイナースクラブカード(一般カード)を作ったのはかなり前で、今とはデザインが異なりますが、シルバー基調でライトの当たるとプラチナのようにキラキラ光るパールがかったデザイン。
アメックス・プラチナが届いた時は、それに相当するデザインを期待していましたが、実際に手にしたときは正直、少々がっかりしたのを記憶しています。

アメックス・プラチナは【質】に関しては申し分のない1枚。
セクレタリー(他社で言うコンシェルジュ)の品の良さや対応は5万円以下の年会費のそれとは全く違うし、優待特典もかなりイイ。

あとはデザインもぜひ一新して欲しいですね、と思ってましたが、2019年よりカードの材質を金属とした"メタルカード"の発行を開始しました。プラスチックカードの既存プラチナ会員も希望すれば切り替えが可能です。
このメタルカードですが、カード番号が"表"じゃなく“裏”に刻印されるようになりました。
すっきりしたデザインで、提携カードのようなアメックスのロゴもないですし、初めて見るお店の人は「これはクレジットカード?」と戸惑うと思われます。
後述するラグジュアリーカードも“金属製”ですが、アメックスの場合、セカンドカードとしてプラスチックカードの追加で発行することができます。追加カードの手数料・年会費等は完全無料。
メタルカードのデザインは刷新されましたが、プラスチックカードのデザイン旧来のままとなっています。


ダイナースクラブ プレミアムカードは、デザインについてはケチをつける方は少ないですね。黒を基調としており、高級感があります。
個人的にはJCB THE CLASSのデザインも好きですが、ダイナースも好みです。

最後にラグジュアリーカードのBLACK CARDですが、プラチナカードの中では稀に見るシンプルなデザインを採用しています。
飾りっ気が無く、アメックスのセンチュリオンやダイナースの地球儀のようなイメージ的なデザインも無し。
【BLACK CARD】の文字も飾りっ気がありません。(笑)

まぁ、【BLACK CARD】の文字を目にした人は「おぉ~!」と驚くかもしれませんが、ラグジュアリーカードが持つ大きな特徴は【金属製カード】である点。
手にした人は必ず「えっ!?」と驚きます。
重たいですから。(笑)

僕の知人で飲食店で働いている方で、何人か金属製カードでの支払いを受けた方がいますが、皆一様に驚きとともに「あっ、この人お金持ちなんだ!?」と感じています。

ダイナースクラブ プレミアムカードのカードデザインその1

コンシェルジュ

コンシェルジュをほとんど使わないプラチナカードユーザーが多いようですが、僕はかなり使います。
飲食店の予約などでは、接待で利用する高級なお店をイメージする方がいますが、どのカード会社であっても予算に応じたお店選びをしてくれます。
「銀座で3,000円飲み放題付き」なんて要望も応えてくれるのがコンシェルジュ。
活用しない手はありません。

まず、ラグジュアリーカードですが、コンシェルジュの繋がりやすさは抜群です。
プラチナカード業界では最高レベルと言い切ってもいい。
たとえば会社で秘書に何か頼みたいのにそばにいないようなら、“秘書”じゃありませんよね?
「電話がつながりやすい」というのは、コンシェルジュの評価をするにあたって非常に大きなポイントです。
ベーシックタイプのTitanium Card(年会費5万円)は2018年12月1日より、Eメールでの依頼をなくし電話での依頼のみとなりましたが、BLACK CARDはコンシェルジュへの依頼も回答も、電話・EメールともにOK!です。

アメックス・プラチナはコンシェルジュのことを【セクレタリー(秘書)】と呼びます。
依頼ごとに対して回答を頂けるのは、別に10万円以上の年会費を支払わなくてもJCB THE CLASSやMUFGカード・プラチナ・アメックスでも同じ。

ただ、アメックス・プラチナの場合、品のある言葉遣いに加えてプラスαの言葉を添えてくれることがしばしばあります。
例えば、用件が済んで電話を切る間際に、「〇〇様、今日はあいにくのお天気ですが、お出かけの際にはお足元に十分お気を付けくださいませ」のように。
あと、何かを依頼した時にプラスαの回答をしてくれることもあり、秘書とはこうあるべき!というのが伝わります。
事実、アメックスのセクレタリーの方とお話しした時、プラチナ会員様の多くは【セクレタリーの対応】を気に入ってくださり会員を継続されていると言ってました。


一方、ダイナースクラブ プレミアムカードのコンシェルジュは、【グルメ系】に強い印象を持っています。
正直な話、アメックス・プラチナのセクレタリーに調べてもらい、予約を依頼したお店の中には、「ん~、イマイチだな・・・。」という飲食店もありました。
だけど、ダイナースに関しては、良く知っているというか良く調べているというか。。
ハズレがありません。

ダイナースクラブはグルメ系のイベントも年間を通じて多く開催しており、やはり、この方面は強いです。

ダイナースクラブのコンシェルジュ写真その1

ポイントの貯まりやすさ

アメックスとダイナースは100円の利用ごとにポイントが付与されます。
これは、JCBやMUFG、三井住友カードなどの一般的なカード会社が1,000円の利用ごとにポイントを付与しているのと比べ、ポイントの取りこぼしが少ないメリットがあることを意味します。

ラグジュアリーカードも1,000円の利用ごとにポイント付与なので、この点はアメックス・プラチナとダイナースクラブ プレミアムカードに比べて劣ります。


では、このページで比較している3枚のカードの中で、どれが最もポイントが貯まりやすいか?といえば、
ダイナースクラブ プレミアムカードで決まりです。

まず、アメックスは100円=1ポイントですが、ダイナースクラブ プレミアムカードは100円=2ポイント。
ダイナースクラブ会員専用のショッピングモールがあり、モール経由で買い物をするとさらにポイントアップ!
このモールにはカード会社の中ではトップ水準の旅行系予約サイトが多く参加しており、ホテルに宿泊したり航空機等で旅行に行く機会が多い方にとっては爆発的にポイントが貯まっていきます。
航空会社のマイレージプログラムに移行するときもアメックス・プラチナと同じく1ポイント=1マイルなので、マイル目的でポイントを貯める方にとっては同じ利用金額でも単純に2倍以上のマイルが貯まっていく計算になります。
しかも、アメックス・プラチナと異なり、ANAのマイルへの移行も手数料は無料。


アメックス・プラチナはポイントで年会費の元を取ることはできませんが、ダイナースクラブ プレミアムカードはポイントで年会費の半分以上の価値を取り戻すことも可能なのですね。


ラグジュアリーカードのBLACK CARDは、月間請求合計金額1,000円につき2ポイント付与に加えて利用明細ごと2,000円につき1ポイント付与。


ちょっと、ここで3枚のカードで年間400万円のカード利用があった場合を想定してみましょう。
アメックス・プラチナ・・・40000pt
ダイナースクラブ プレミアムカード・・・80000pt
ラグジュアリーカード(BLACK CARD)・・・10,000pt


これをANAのマイルに交換するとすると
アメックス・プラチナ・・・40,000マイル
ダイナースクラブ プレミアムカード・・・80,000マイル
ラグジュアリーカード(BLACK CARD)・・・30,000マイル

となります。
ラグジュアリーカードは最下位ですが、ダイナース同様に移行手数料がかかりません。
アメックスはANAの場合年間5,000円の手数料が生じます。
ただし、アメックス・プラチナとダイナースクラブ プレミアムカードは年間上限移行マイルが4万マイルへと半減されました。
どちらも2018年途中までは8万マイルが上限だったので、大きな改悪といえるでしょう。

次にAmazonギフト券に交換する場合を例に上げましょう。
アメックス・プラチナ・・・約13,000円
ダイナースクラブ プレミアムカード・・・32,000円
ラグジュアリーカード(BLACK CARD)・・・50,000円


ここでは、ラグジュアリーカード(BLACK CARD)が高い結果となりましたね。


以上のことから、マイルを貯めるならダイナースクラブ プレミアムカードが断トツ優位、Amazonギフト券に交換するならラグジュアリーカード(BLACK CARD)が優位であると言えます。
年会費が3万円安く設定されていることをも加味すれば、年間利用金額によってはラグジュアリーカードが最も有利じゃないか?と捉える方もいるでしょう。
なお、ダイナースクラブ プレミアムカードはポイントがアップする「ダイナースクラブ ポイントモール」をよく利用するなら、前述以上のポイントが貯まる可能性を秘めていることを挙げときます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード券面画像 年会費 本会員 130,000円+税
家族会員 4名まで無料
取得方法 インビテーション
カードブランド アメックスブランドのロゴ
アメックス プラチナカードの特典・メリット
ダイナースクラブ プレミアムカード
ダイナースクラブ プレミアムカード券面画像 年会費 本会員 130,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド ダイナースクラブ ロゴ
ダイナースクラブ プレミアムカードの年会費と特典・メリット
ラグジュアリーカード(BLACK CARD)
BLACK CARDの券面画像 年会費 本会員 100,000円+税
家族会員 25,000円(税抜き)/人
取得方法 新規申込み
※20歳未満の方、および学生の方はお申込みいただけません
カードブランド MasterCard


年会費5万円のプラチナカード比較ページのバナー


ダイナースクラブカードの会員特典・サービスについて
≪スマホ用≫おすすめガイド
おすすめのプラチナカードガイド

PAGE TOP

おすすめ情報

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典