オリコカード ザ プラチナ(Orico Card THE PLATINUM)に入会するメリットは?

プラチナカードの種類と取得方法

ジャックスカードプラチナのトップメインイメージ

人気薄も納得!?オリコカード ザ プラチナ

オリコカード ザ プラチナ(Orico Card THE PLATINUM)は、株式会社オリエントコーポレーションが発行する最上級のクレジットカード。
年会費は20,370円(税込)。
通常、この価格帯のプラチナカードは「2万円+税」と設定されているのですが、オリコカード ザ プラチナはこれより安い年会費設定となります。

カードの利用100円につき1ポイントが付与され、ポイント還元率は1%なので、悪くありません。
しかも、オリコカード ザ プラチナには「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されていて、これらの電子マネーで買い物をすると、200円=1ポイントが加算。
つまり、電子マネーで決済すると1.5%の還元率を期待できるということを意味します。

カードブランドは、マスターカードなので、国内外での利便性は良好。

つまり、真っ先に挙がるこのクレジットカードのメリットは、利便性と還元率の高さです。
スマホ決済の利用者はかなり多くなりましたが、電源を入れなくても決済できる、クレジットカード一体型の電子マネーは個人的にはかなり便利だと感じます。

また、通常、他社のプラチナカードでは海外空港ラウンジサービスとして、プライオリティ・パスへの無料登録が含まれていますが、オリコカード ザ プラチナはプライオリティ・パスがなく、ラウンジ・キーとなっています。

ステータス性は高いと言えない

マスターカードブランドのグレードは、下図の通り、“プラチナカード”は中間くらいのグレード。(とは言っても、ゴールドマスターカードより上ですが。)
注目すべきは、“プラチナマスターカード”の上に、2つのランクが存在している点。最上位のワールドエリートマスターカードの半分しか、優待特典が付帯していません。

このため、Mastercardが提供する優待特典は、ワールドエリートマスターカードと比べて少ない点は注意が必要です。

マスターカードのグレードについて

取得までの期間

新規入会を受け付けているプラチナカードですので、申し込み資格「原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方」をクリアしていれば、誰でも入会申込みが可能です。

オリコカード ザ プラチナの基本情報

Orico Card THE PLATINUMの券面画像 年会費 本会員 20,370円(税込)
家族会員 無料
入会の目安 原則として年齢20歳以上でご本人に安定した収入がある方
カードブランド MasterCard

オリコカード ザ プラチナの審査について

公式サイトでは、申し込み資格に関して以下のように記述しています。

原則として年齢20歳以上でご本人に安定した収入がある方

同じマスターカードブランドのプラチナであつ「三井住友カード プラチナ」は「原則として満30歳以上」の制約があるので、オリコカード ザ プラチナは入手しやすい部類に入ります。

オリコカード ザ プラチナの主な会員特典

コンシェルジュ
航空券やホテルの案内や予約、コンサートやスポーツイベント等チケットの手配、飲食店やゴルフ場の紹介や予約など、会員の幅広い要望に応じてくれます。
グルメ系の優待
マスターカードが提供する「ダイニング by 招待日和」を利用可能。全国約200件のお店でコース料理が1名分無料になります。
空港ラウンジ
国内主要空港のラウンジを利用可能なほか、空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(LoungeKey)空港ラウンジプログラム」を付帯。
ポイントプログラム
ジャックスカード会員おなじみの「ラブリィポイント」が貯まります。ポイント還元率は1.5%となります。
保険
最高1億円まで補償する国内・海外旅行傷害保険、ショッピングプロテクションは年間最高300万円など補償は充実しています。
ジャックスカードプラチナの券面画像 年会費 本会員 20,370円(税込)
家族会員 無料
入会の目安 原則として年齢20歳以上でご本人に安定した収入がある方
カードブランド MasterCard

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典