格安年会費のVisaプラチナ「UCプラチナカード」の優待特典に度肝を抜かれた

永久不滅ポイントが2倍貯まる静銀セゾンカードのプラチナ

UCプラチナカード トップイメージ スマホ用トップイメージ

格安年会費から想像できないハイスペックなUCプラチナカード

Visaのプラチナカードは結構ありますが、年会費が安いものだと2万円程度となります。
しかし、ここで紹介するUCプラチナカードは、既存のVisaプラチナカードより大きく安く設定されており、年会費は驚きの16,500円。

年会費が安いんだし、三井住友カードのプラチナプリファードや格安年会費のVisaプラチナに見られるような、Visaがプラチナ会員向けに提供している以外、 ほとんど優待特典が付帯していないプラチナカードだとか、オリコカード ザ プラチナやエポスプラチナカードの様に、庶民的な優待特典が盛りだくさんのカード、そんなイメージを僕自身抱いていましたが、 それは大きな間違いだったと入会して気づきました。

利用限度額は格安プラチナの中では最強か?

まず、利用限度額。
僕自身、UCカードは持っていません。過去に、娘がピアノ教室に通っていた都合上、YAMAHAのUCカードを10年くらい持っていましたが、もう解約をして手元にはありません。
このYAMAHAのUCカードは、ピアノに関する費用以外、生活費などには利用していませんでした。

それなのに、届いた封筒を空けると、【利用限度額470万円】の記載。

「なぜ??」と驚き、理解に悩みました。
そもそも、年会費2万円程度のプラチナカードは、申し込み時の利用限度額が200万円くらいに設定されるのが“普通”であり、ある意味、このUCプラチナカードは“非常識”な限度額設定。
JCB THE CLASSが最初から500万円の利用限度額をつけてくれましたが、それに匹敵する高さです。

年会費が安いからと中身に大きな期待などしていなかったのですが、「すごいプラチナカードが届いた」と、いきなり驚きました。

UCプラチナカードの利用限度額の写真

UCプラチナカードは贅沢を楽しむ方のためのプラチナ

詳しい優待特典は後述するとして、このUCプラチナカードに関する個人的な感想を最初に書きます。

庶民的、大衆的な優待特典を求めるなら、つまり自分自身のライフスタイルを振り返ったとき、宿泊施設や外食に大きなお金をかけることは無い、贅沢を楽しむことなど無い、という方には適していません。
「このプラチナカード、めっちゃ安いじゃん!」などと、内容をよく理解せずに安易に入会してしまうと、付帯する優待特典の出番など無い、単なる決済専用のプラチナカードになってしまいます。

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの国内約70のホテルで朝食無料やレイトチェックアウトなどの優待が付くほか、星のや東京および京都、アマン東京および京都などなどでも優待特典付きで宿泊できます。
アマン東京やマンダリンオリエンタル東京など一部のホテルでは50米ドルや100米ドル相当のホテルクレジットが付帯しており、アメックスプラチナ(年会費143,000円)のファイン・ホテル・リゾートと同レベルの優待を受けることが可能。
対象ホテルは、1泊最低でも5万円、多くは7万から10万円超となるホテルしか、優待の対象に含まれていません。

グルメ系についても高級飲食店が対象となっており、格安年会費からは想像できないような優待特典・サービスが多く含まれています。

庶民派には不向きですが、ライフスタイル、価値観が一致するなら、最強のコスパを誇るプラチナカードと言えるのではないか?と個人的に感じています。

取得までの道のり

UCプラチナカードは、新規に申込みが可能となっています。

僕の場合、
・6月5日に申込み
・6月9日に審査結果の連絡
・6月16日にクレジットカード着

と比較的スムーズに受け取りましたが、申し込みから5~6日程度で届いた方もいるようです。

UCプラチナカードの基本情報

UCプラチナカード
UCプラチナカードの券面画像 年会費 本会員 16,500円(税込)
家族会員 3,300円(税込)
申込み対象者 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方
(学生・未成年を除く)
カードブランド Visaのロゴ
UCカード公式サイト

UCプラチナカードの審査について

お申込み対象は「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方」と公式サイトにて記載があります。
ただし、「学生・未成年は除く」との記載もあり、20歳以上で安定した収入がある方であれば、申し込みが可能であると思います。

UCプラチナカードの主な会員特典

ポイントプログラム
カードショッピングでは、1,000円につき2ポイントが貯まります。
1ポイントは0.5円相当なので、UCカード公式サイトでもポイント還元率は1.0%と記載されています。
ただし、UCギフトカードに交換すると1.0%を超えるポイント還元率となり、最大で1.2%にまで上昇します。(5,000pt=UCギフトカード3万円分)
なので、UCプラチナカードのポイント還元率は高めに設定されていると言えます。

そのほか、2つのボーナスを用意されています。
1.10月から翌年9月までの12カ月間にポイントの付く日が10回以上あると100ptを進呈。
2.「1」を達成し、かつ「UCポイント」の累計が1,000pt以上になると、さらに150ptを進呈。

「2」の条件となる【累計1,000pt以上】は、利用金額で言うと年間50万円相当以上となりますので、決して高いハードルではないと言えます。
コンシェルジュサービス
Visaが委託する第三者サービス提供会社を通じて提供されるコンシェルジュサービス「VPCC」を利用可能です。
Visaが提供する特典やプロモーションの案内、パッケージツアーや航空券、宿泊施設の案内・予約、ゴルフ場の予約などを承っています。。
空港ラウンジサービス
国内主要空港のラウンジを無料で利用可能なほか、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川国際空港のラウンジも利用可能です。
ただし、他社のプラチナカードに付帯している、プライオリティ・パスやラウンジ・キーは特典に付帯していませんので、渡航する機会が多い方にとっては要注意です。
また、家族会員も空港ラウンジを利用可能ですが、同伴者は有料となります。
手荷物宅配優待
国際線を利用した場合、自宅と空港間を優待料金で荷物を宅配してくれます。
付帯保険
最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険、最高5,000万円まで補償する国内旅行傷害保険を付帯。
旅行傷害保険は、国内、海外を問わず、旅行代金等をクレジットカードで支払った場合が条件となります。
また、カードで購入した商品が偶発的に破損、盗難等の被害にあった場合に、購入日から180日間、年間最高300万円まで補償するショッピング保険が付帯しています。
Visaプラチナラグジュアリーダイニング
厳選された高級飲食店で2万円以上の予約をすると5000円の割引クーポンをもらえます。
ただし、毎月先着順に発行しており、その枚数は100枚と限りがあります。
人気の高いクーポンなので、月初めに、その月の飲み会の予定が立っているなら申込みできますが、それ以外は上限枚数に達して割引クーポンの入手は困難です。
Visaプラチナホテルダイニング
ラグジュアリーダイニングに似ていますが、こちらはホテル内レストランで利用可能な3,000円割引クーポン。
対象レストランで1万円以上の予約をするともらえるのですが、毎月先着100名までとなっているため、競争率の高いクーポンとなっています。
グルメクーポン
対象飲食店に2名以上の予約をすると、1名分のコース料理が無料となる優待特典です。
1名あたりのコース料理が2万円前後するお店もあり、この優待特典1回利用するだけで年会費のもとをとれることもしばしば。
ただし、対象店舗はマスターカードやダイナースクラブカードと比較して100店舗と少なめ。しかも東京・大阪を中心となっているため、地方都市在住の方には恩恵を受けづらいプラチナカードと言えます。
ホテル・リゾート・旅館
ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの国内約70の施設(パレスホテル東京や帝国ホテル東京など)で、朝食2名まで無料やレイトチェックアウトなどの優待を受けることができます。
ほかにもアマン東京および京都、星のや東京および京都、東京ステーションホテルなどなど、ラグジュアリーな宿泊施設が優待の対象となっており、朝食無料や100米ドル相当のホテルクレジットなどなど、 魅力的な優待特典が付帯しています。
特典はそのほかにも
UCプラチナカードの優待特典は非常に多く、すべてをここで紹介するのは難しいですが、ほかにもお取り寄せに関する優待や、グルメ系についても特別なコース料理を提供してもらえる飲食店があるなど、質の高い優待が多く付帯しています。
なお、UCプラチナカードの優待特典は、会員専用情報サイト「TRANSENSE」にまとめられています。(TRANSENSEには、すべての優待特典が掲載されているわけではありません)

年会費の安さとは真逆で中身は富裕層向け

年会費16,500円となると、庶民的なプラチナカードのような勘違いをしてしまいそうですが、実は中身はかなりハイスペック。
利用限度額も高めに設定され、その辺のプラチナカードと比較しても劣らないどころか、頭一つ抜けています。

庶民的な方が手にするプラチナカードではなく、経済的なゆとりがある富裕層に相応しい1枚であると個人的には感じます。

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典