ラグジュアリーカード(BLACK CARD)はチタンカードよりお得なのか?

質感が普通のプラチナカードと全く異なるクレカ

ラグジュアリーカード(BLACK CARD)トップイメージ スマホ用トップイメージ

金属カードは存在感抜群!ラグジュアリーカードはアメックスより重い

ラグジュアリーカードのサイン

ラグジュアリーカードのラインナップの中で中間に位置するのが、BLACK CARD(ブラックカード)。
年会費10万円と高額ですが、この上には年会費20万円の【GOLD CARD(ゴールドカード)】が存在します。
さらに、ブラックカードの下にはTITANIUM CARD(チタンカード)が存在し、こちらは年会費5万円。

いずれもMastercardの中では最高グレードとなる「ワールドエリートマスターカード」で、しかも全て金属製のクレジットカードなので、どれを選んでもステータス性は十分。

となると、最も年会費の安いチタンカードを選びたくなりますが、ブラックカードが気になる方もいるでしょう。
中間的な価格設定のモノって、売れる傾向が強いですしね。

このページでは、ラグジュアリーカードのラインナップのうち、ブラックカードにターゲットを絞って紹介していきます。

もくじ


チタンカードとブラックカードの共通点

まず、チタンカードとブラックカードに共通する、相違の無い優待特典は下表のとおり。

サービス名称 概要
国際線手荷物
無料宅配
成田国際空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港を利用して海外へ行く場合、空港と自宅(会社等でもOK)との間、往路・復路ともに1回3個まで手荷物を無料で配送してくれる優待特典。
海外手荷物
配達サービス
海外旅行の際にゴルフバックや手荷物を現地に発送してくれるサービス。
初回利用時は2個目の荷物が無料で、荷物が1個の場合は20%割引。
2回目以降は20%割引。
空港リムジン・
トラベルクレジット
コンシェルジュを通じて成田空港または羽田空港経由で海外旅行の手配をした場合、1回の購入金額に応じて、対象地域から空港までの間を無料または優待料金でリムジン送迎してくれます。
また、1回の購入金額が50万円以上の場合、1万円または2万円のトラベルクレジットがもらえます。
CLASS ONE ビジネスクラス・ファーストクラスの専門店「CLASS ONE」に無条件で入会でき、CLASS ONEにて使用可能な1万円分の優待券がもらえるなどの優待を受けられます。
ホテル優待 国内外3000ヵ所以上のラグジュアリーホテルで、朝食無料や部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどの優待を受けられます。
※優待特典はホテルや空室状況によって異なります。
The Ryokan Collection 国内の厳選された旅館を特別な優待やエクスペリエンス付きで宿泊できます。
ラグジュアリー
アップグレード
対象飲食店にて、コース料理を1ランク上のコースにアップグレードしたり、特別な一品やウェルカムドリンクを提供してくれたりの優待を受けられます。
ラグジュアリー
ダイニング
全国約200店舗の対象飲食店を2名以上で予約した場合、1名分のコース料理が無料になります。
ケンズカフェ東京優待 ケンズカフェ東京の新宿本店にて、究極のガトーショコラを会員限定で平日に限り、1日5本取り置きしています。
スーパーカー優待プログラム スーパーカーの運転体験イベント30%割引優待およびスーパーカーのカーシェアリング優待を受けられます。
ケンズカフェ東京の究極のガトーショコラ

ブラックカードにある優待特典

次に、チタンカードにはないけどブラックカードにある特典、もしくはチタンカードにもあるけど、ブラックカードのほうが中身が充実している特典について記載していきます。

ハワイアン航空

ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港をハブ空港として、日本を含むアジア諸国、オセアニア、北米とを結ぶハワイアン航空。ハワイ諸島間のフライトも充実しています。
ブラックカード会員は、ハワイアン航空のマイレージクラブ、HawaiianMilesのエリート会員「Pualani ゴールド」に無条件で獲得できます。
「Pualani ゴールド」は本来、ハワイアン航空を30回(30区間)利用するか20,000マイルを獲得しなければ得られません。

日本人に人気のハワイ。
ハワイアン航空を利用すれば、エコノミークラスで往復6万円前後とかなり手ごろなのを知っていますか?しかも、羽田や成田以外にも、関空、新千歳、福岡からも直行便が出ています。
冬場なんか、8万円程度の予算で往復航空券を買える日がワンサカ。

ハワイへよく行く人も、これから行く予定のある人も「Pualani ゴールド」の獲得は絶対にお勧め。
航空券のオンライン予約での割引や、同伴者2名までの優先搭乗、空席状況やルート等に応じた席のアップグレード、受託手手荷物2個まで無料などなど、様々なサービスを受けられます。
ハワイ諸島線においては、予定より早いフライトの空席待ちが無料という特典も。

そのほか、ハワイ諸島にある高級ホテルを格安で宿泊できる特典なんてのもあります。

貯めたHawaiianMilesを特典航空券にして、提携航空会社でもあるJALの利用に利用することも可能なので、使い勝手も抜群。

アメックス・プラチナやダイナースプレミアムにはない類の特典であり、ラグジュアリーカードのブラックカードを持つ大きなメリットとなります。

ハワイアンマイルズ

TOHOシネマズでの映画無料鑑賞が最大で月2回

ラグジュアリーカード全ての共通優待、TOHOシネマズでの映画無料鑑賞。
チタンカードは月に1回、毎月1日~5日の間に無料鑑賞の申し込みをしなければなりません。
無料鑑賞は先着順なので、早めに申し込めばゲット可能ですが、非常に人気の優待特典のため、完璧にルーティン化しないと規定枚数に達したため優待をゲットできない月も出てきます。

その点、ブラックカードは毎月最大2回まで申し込みが可能。
申込期間は、毎月1日~5日と11日~15日。
このため、たとえ1日から始まる受付の申込みが遅れて無料鑑賞優待をゲットできなかったとしても、次のチャンス(11日~15日)に懸けることが出来ます。
年間で最大24回、TOHOシネマズでの映画を無料鑑賞できますが、現実的な数字で考えた場合でも年間15回以上は映画を無料で観ることが可能です。

TOHOシネマズ日比谷

ラグジュアリー リムジン

食事を終えた後はリムジンで帰宅。
奥様や彼女との記念日に、特別なエクスペリエンスはいかがでしょうか?

ラグジュアリーカードが提供する「ラグジュアリーリムジン」

ブラックカード会員なら、東京都内および名古屋、関西(大阪・京都)の対象飲食店を利用した場合に、食事を終えた帰り道をリムジンで無料送迎してくれます。
2019年12月時点で、東京都内30店舗、名古屋市内2店舗、関西地方は26店舗の対象店があります。

旅行時なら宿泊先のホテルまでの送迎も、もちろん可能。
お連れの方にも絶対に喜ばれる、ブラックカードならではの優待特典です。

ソーシャルアワー

ソーシャルアワーで提供されたワイン

東京都内の4ヵ所でそれぞれ月1回されているイベント「ラグジュアリー ソーシャルアワー」。
コンラッド大阪では毎月全ての平日で開催され、期間限定でチタンカード会員も参加できますが、東京都内はブラックカードまたはゴールドカード会員のみ。

このイベントは、季節に合わせたオリジナルフィンガーフードとともに、シャンパンとワインのテイスティングを楽しむもので、たとえば飲み会の前のちょっとした時間に立ち寄ることも可能。
ソーシャルアワーの凄いのは、通常では考えられない金額、2,000~3,000円でなかなか入手しづらい高級ワインを楽しめること。しかも、一人で参加しても全然違和感なし。会社帰りに、ちょっとした時間を潰すために気楽にふらっと立ち寄れます。
下の写真は、フォーシーズンズホテル丸の内で開催されたソーシャルアワーの1枚ですが、オリジナルフィンガーフードも美味しそうでしょ?

ワインにピッタリで、美味しくいただきました。

写真を載せていませんが、最初にシャンパンとトリュフ塩のポップコーンもいただきました。

フォーシーズンズホテル丸の内でのフィンガーフード(ソーシャルアワー)

国立美術館

チタンカード会員でも、対象となる国立美術館の“所蔵作品展”であれば同伴者1名まで無料で鑑賞できますが、ブラックカード会員の場合は東京都内にある東京国立近代美術館(本館・工芸館)および国立新美術館の“企画展”も無料対象となります。
企画展の内容への好みもあるでしょうが、美術鑑賞が好きな方であれば、年間で数万円のベネフィットを受け取ることが出来ます。
※ブラックカード会員が企画展を無料鑑賞できるのは、会期中の金曜日のみとなります。

東京国立近代美術館の外観

ポイント還元率

チタンカードは1,000円利用ごとに2ポイント付与されます。
(ポイント還元率1%)

ブラックカードも同様なのですが、これとは別に2,000円利用ごとに1ポイントが付与。つまり、ポイント還元率が1.25%と、ブラックカードのほうが僅かながら高いです。

貯めたポイントの主な交換・移行先について、表にまとめてみました。

移行先・ギフト券 必要ポイント
auポイント 1ポイント=5auポイント
dポイント 1ポイント=5dポイント
Amazonギフト券 600pt=3,000円分
nanacoギフト 600pt=3,000円分
Edyギフト 600pt=3,000円分
WAONポイント 600pt=3,000円分
JCBギフトカード 650pt=3,000円分
JTB旅行券 650pt=3,000円分
フィラディスワインお買い物クーポン 1,000pt=11,000円分
マイレージプラス 1ポイント=3マイル
HawaiianMiles 1ポイント=3マイル
JALマイレージ(JMB) 1ポイント=3マイル
ポイント移行の上限は、年間合計15,000ポイント(45,000マイル相当)まで。
ANAマイレージクラブ 1ポイント=3マイル

ポイント移行に関しては、概ね1.25%のポイント還元率となります。Amazonギフト券も1.25%と高還元率。
他社のクレジットカードだと、nanacoは高いけどwaonは低いなど移行先によってポイント還元率のバラツキが当たり前に起こりますが、ラグジュアリーカードは極めて優秀。
Amazonギフト券で1%を超えるクレジットカードは他ではないですね。他社の2倍以上の還元率は素晴らしいです。

仮に年間400万円のカード利用があった場合は、5万円相当のアイテムを交換できる計算です。


航空会社のマイレージへ移行は、国内航空会社ではJALもANAもどちらもOK!
これ以外に、ハワイアン航空とユナイテッド航空のマイレージプログラムへの移行も可能。
ただし、いずれも1pt=3マイル、1,000円=7.5マイル相当なのでそう悪くないですが、ダイナースプレミアムに比べると半分となります。
アメックス・プラチナとはそう大きな変わりはないですね。

ただし、アメックスもダイナースもJALのマイレージには移行できませんので、JAL派はラグジュアリーカードの選択がマル。

机上ではアメックス・プラチナが1,000円=10マイル、ラグジュアリーカード(ブラックカード)が1,000円=7.5マイルと劣っていますが、会員専用のモールを利用した旅行・宿泊の手配やショッピングをしているなら、アメックスを上回る可能性が十分にあります。

その他期間限定優待

上記以外に、期間限定で提供される優待特典の中にも、ブラックカードとチタンカードで異なる内容となるものが常に存在します。

たとえば、2020年であれば、カフェ・バー優待。

キュープラザ原宿10Fにある「サンキースペントハウス」では、2名~8名で予約するとシャンパンを1本を無料で提供してくれますが、ブラックカードとチタンカードではシャンパンの銘柄が異なります。
当然、ブラックカードのほうが値段の高いシャンパン。

永田町にあるザ・キャピトルホテル 東急の「ザ・キャピトル バー」では、スパークリング酒「匠(John)」が無料で提供されますが、ブラックカードがボトル1本(750ml)なのに対して、チタンカードはグラス1杯。
日本料理「水簾」で1本15,000円(税サ別)で提供されているお酒が、1本かグラスかではお得度が全然違いますよね。

カフェ「STREAMER COFFEE COMPANY」では、1杯550円(税込)のLUXURY TEA(ラグジュアリーティー)をブラックカード会員は1杯無料。チタンカード会員には付帯していない優待特典です。

※いずれのカフェ・バー優待も、2020年12月31日までの期間限定。


ラグジュアリーカードは、トラベル、グルメ、カルチャー全てにおいてバランスよく優待特典が用意されているのが特徴。
なかでもグルメ系はリムジン送迎付きのレストラン予約や、ソーシャルアワーなどオリジナル優待が多く、しかもお金に換算するとそれなりの金額になる優待がブラックカード会員に用意されています。
ブラックカードとチタンカードの差別化を図るためにも、特に期間限定優待においては今後もこの傾向が続くと思われ、どうせ持つならやはりブラックカードがおすすめです。

圧倒的な存在感を感じるブラックカード

ゴールドカードの場合、年会費無料のクレジットカードにはない“金色”のカラーを使用していることから、決済時には一目で“ゴールドカード”と気づいてくれます。レジで決済しているときなど、後ろに並んでいる人にも気づいてもらえる。
その“ゴールド”より上位に位置するにもかかわらず、意外と気づいてくれないのがプラチナカード。黒色のクレジットカードやグレー色のクレジットカードは年会費無料カードにも溢れているし、そもそも【アメックス・プラチナ】や「ダイナース プレミアム」など、存在を知らない人のほうが多い。ましてや、「年会費がいくらかかるか?」なんて、知っている人は1割にも満たないんじゃないでしょうか?


その点、“存在感”で他のプレミアムカードを圧倒するのが、ラグジュアリーカードのブラックカード。

決済時に手にした店員さんが、まず「重いっ!」って感じます。
そして、カード表面に刻まれた「BLACK CARD」の文字が目に飛び込んでくる。

【Platinum】やら【Premium】なんて、筆記体で書かれたらよく読めないケースもありますが、ラグジュアリーカードはゴシック系の字体なので、一瞬で【BLACK CARD】の文字が読み取れる。

“ラグジュアリーカード”を知っているかどうか?など関係なく、カードの重さと目にした“ブラックカード”の文字で、このクレジットカードがタダモノではないことをほとんどの方が理解してくれます。
「これは。。。クレジットカードですか?」
「セキュリティが普通のクレジットカードと違うんですか?」
「重いですが、何で出来ているんですか?」
飲食店だけじゃなく、スーパーやホームセンターの店員さんに何度声をかけられたことか。。。

支払い時に相手に与えるインパクトは唯一無二の存在。それが、ラグジュアリーカードのブラックカードであると言い切れます。
JCB THE CLASSや三井住友カード プラチナなどは、1年くらいでカード表面の会員番号や会員名等の塗料が剥げてしまいますが、ラグジュアリーカードはレーザーで刻まれているため、年数が経過しても“劣化”を感じさせないのも大きなメリットです。

塗料が剥げたJCB THE CLASS

ブラックカードの元が取れる人とは

誰しもが羨むカードが欲しいなら、無条件で即申込みをしてもいいブラックカード。

逆に機能性重視で選ぶ場合、どんな方に適しているのかをまとめたいと思います。
1.ハワイアン航空を利用される方。
2.少々贅沢な会食が好きな方。
3.国内外のラグジュアリーホテルをよく利用される方。
4.コンシェルジュの利用が多く見込まれる方。
5.映画鑑賞が好きな方(TOHOシネマズがある都府県)

といったところでしょうか?


具体的な金額に換算しづらい優待もありますが、上記項目の複数が該当する方は10万円の年会費以上のベネフィットを受けるが高いと言えます。
ポイント還元率がトップレベルで高いので、年間のカード利用金額が大きい方にもおすすめです。

BLACK CARDの写真とコンラッド東京

ラグジュアリーカード(BLACK CARD)

BLACK CARDの券面画像 BLACK CARDの券面画像 年会費 本会員 100,000円+税
家族会員 25,000円(税抜き)/人
取得方法 新規申込み
※20歳未満の方、および学生の方はお申込みいただけません
カードブランド MasterCard
TITANIUM CARD BLACK CARD GOLD CARD
TITANIUM CARDのカード画像 BLACK CARDのカード画像 GOLD CARDのカード画像
年会費
本人:50,000円
家族:15,000円
年会費
本人:100,000円
家族:25,000円
年会費
本人:200,000円
家族:50,000円
申し込み資格
20歳未満の方、および学生の方はお申込みいただけません
招待制となっています。

関連ページのご案内

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典

おすすめ情報