プレミアムカード会員はビジネス・アカウントカードもプレミアムカードになります

経営者ならビジネスアカウントカードは必須アイテム!ぜひ作るべし!

ダイナースクラブ プレミアムカード トップイメージ スマホ用トップイメージ
ビジネス・アカウントカードのPR画像

会社の経費支払いは便利なビジネス・アカウントカードで

個人事業主や法人を経営している方などは、会社用のクレジットカードを持っている方も多いでしょう。
インターネットショッピングが当たり前の今の時代、事務用品やオフィス家具などはもちろん、航空券や宿泊費のほか、印刷だってカード決済で済ませられるようになりました。

通常、アメックスやJCBなどでは、経費処理のためにビジネスカード(法人カード)を用意しています。
たとえば、アメックスの場合、一般カードとビジネスカード、いずれも”プラチナ”でそろえると、年会費は13万円×2=26万円(税別)
JCBで一般カードをJCB THE CLASS、法人カードをJCB法人プラチナカードとした場合、年会費は5万円+3万円=8万円(税別)

法人用を”ゴールドカード”にしたとしても、2枚でそこそこの年会費が生じます。

これに対し、ダイナースクラブカード会員の場合は“ビジネス・アカウントカード”なるカードを選択することが可能です。
ビジネス・アカウントカードは、ETCカードのように個人用カードを持っている方向けの「追加カード」という位置づけなんですが、これが便利でお得。

ビジネス・アカウントカードは別口座を指定できる

ダイナースクラブカード(個人カード)を持っている方は、当然、引落し口座は個人の銀行口座を指定していますが、ビジネス・アカウントカードを追加で発行した場合、その引落し口座を別口座にすることも可能です。つまり、法人口座からの引落しに設定することが可能なんです。
※別な個人口座の指定も可能。
これにより、出張旅費や接待費を一時的に個人カードで立替て後日清算して会社からもらう、なんてことは必要なくなります。

もちろん、仮払いも不要なので、会社側としても経理の負担が軽減されます

年会費2,000円(税別)で持てる

なんといっても、ビジネス・アカウントカードの大きなメリットは、年会費2,000円で手にすることが出来ること。

そもそも、たとえばアメックスプラチナを個人用とビジネス用の2枚を持つのは、会員として年会費分のメリットなどありません。
どちらもほとんど同じ優待特典なら1枚あれば十分で、わざわざ2倍の年会費など支払う必要などないですよね。

ダイナースクラブカードなら、個人用カードに付帯した優待特典を利用し、あとは利用目的に応じて個人用カードで支払うのかビジネス・アカウントカードで支払うかの選択をするだけ。
引落し口座を個人用と別に設定できる、ビジネス・アカウントカード用に利用明細が作られるといったことを考えると、年会費2,000円は妥当な金額でしょう。

しかも、一般カードだろうがプレミアムカードだろうが、年会費2,000円は変わりません。
非常に良心的な1枚です。

デザインは個人カードに準ずる

ダイナースクラブカード会員なら、ビジネス・アカウントカードの案内が封書で届いたり、ウェブにサインオンすると案内画面が現れたりすることがあります。
その際、ビジネス・アカウントカードは持っている個人カードと同じデザインになります。

しかし、ダイナースクラブ プレミアムカード会員の場合、ビジネス・アカウントカードのデザインもプレミアムカードのそれと同一になります。

ポイントは個人カードと合算できるのか?

個人カードとビジネス・アカウントカードの2枚を持つと、それぞれ利用したカードごとにポイントが貯まります。
ウェブの管理画面上でも、それぞれのカードでポイントが表示されます。

では、この2枚のカードで貯めたポイントを合算できるのか?というと、大丈夫です。賞品交換の際に、ちゃんとポイントを合算することが可能です。

これは大きいですよね。

ただでさえポイントが貯まりやすい、ダイナースクラブ プレミアムカード。それが仕事でもプライベートでも使ってポイントは合算OKとなると、年間に凄い大きなポイントが貯まる計算となります。

ダイナースクラブ プレミアムカード基本情報

ダイナースクラブ プレミアムカード券面画像 年会費 本会員 130,000円+税
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド ダイナースクラブ ロゴ
ダイナースクラブカードについて

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブカードについて

ページトップへ

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典

おすすめ情報